16.03.18(Fri)

ブルガリのリングが紡ぐ、永遠の愛のストーリー

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

1_deta_027

いつの時代も素晴らしいラブストーリーを贈り届けてきたローマ。そのローマで1884年に誕生したブルガリもまた、愛し合う二人に永遠のストーリーをもたらしてきました。今回は、ブルガリのリングとともに、新たな人生を歩み出した二人の物語を紹介します。

★

001

挙式は3月某日、横浜・みなとみらいにオープンしたばかりのウェディング施設BAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomiraiで行われました。二人が愛の証として選んだマリッジリングは、ブルガリの「コロナ」。新婦の佐伯有理さんは「古代ギリシャやローマのアート、建築にインスパイアされたブルガリのジュエリーは、ハイジュエラーの中でもフォルムやデザインが圧倒的に美しく、ウェディングリングは必ずブルガリと決めていました。特に、普段使いをするマリッジリングだからこそ、ファッション性が高く、身に着けていて気分が上がるようなリングを選ぼうと考えていました」と話してくれました。

「コロナ」を選んだ理由を聞くと「華やかさと、指を長く美しく見せてくれるフォルムの美しさに一目ぼれ。指を通した時の心地良さや、優しく輝くゴールドの肌なじみの良さも気に入っています」と満面の笑みで答えてくれました。

プレゼンテーション3

“春の訪れ”をテーマにしたウェディングパーティーでは、会場やテーブルコーディネート、ゲストのファッションなど、全てが鮮やかな彩りで包まれ、華やかな演出に。「共通の友人たちが出席し、一緒に創り上げてくれたウェディングだったので自然と一体感が生まれ、盛り上がりました。私たちにとって大切なゲストが一同に集まり祝福してくれ、また、私たちの感謝の気持ちを直接伝えることのできる機会はこの日だけだと思うと、本当に幸せで忘れられない一日となりました。そして、世界で一番大切な人が隣にいてくれる幸せを改めて実感した一日でした」と最良の日を振り返ります。

ブルガリのブライダルフェアで出会う、ただひとつの愛の証

ブルガリは、全国の店舗でブライダル フェア「デザイン ユア ラブ」を3月27日(日)まで開催中です。今回のブライダルフェアでは、2月に誕生したばかりの「インコントロ ダモーレ」コレクションが新たに加わります。また、お気に入りのデザインと心に留まったダイヤモンドルースで世界にひとつだけのオリジナルリングを届けてくれるセミ・オーダーサービス「デザイン ユア ラブ」にも、「インコントロ ダモーレ」が加わり、全8デザインのバリエーションから、リングを選ぶことができます。ブライダル フェア期間中にブライダルリングを購入した方には、「ブルガリ イル・チョコラート」のプレセントも。

大切な人との人生の1ページを綴るにふさわしい、ブルガリのリング。あなたの運命のリングを見つけに、ぜひ足を運んでみてください。

ブルガリ
www.bulgari.com/ja-jp/bridal

BAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomirai(会場)
www.tgn.co.jp/hall/yokohama/bgv

MIRROR MIRROR(ウェディングドレス)
www.mirrormirror.jp/