15.12.10(Thu)

ローマに1960年代のパリが復活。シャネルの新コレクションとフィルム

cafeglobe

cafeglobe

「自分らしく生きたい」「自分らしく働き、暮らしたい」と考える大人の女性のためのメディア

20151208_chanel_main

今年は、ローマで行われたシャネルの「Metiers d’Art 2015/16」コレクション。12月1日、映画スタジオのチネチッタに1960年代のパリの街角が再現され、ショーの舞台となりました。 二人のココ・シャネルが登場する『Once and Forever』 このコレクションのためにカール・ラガーフェルドが監督したショートフィルム、『Once and Forever』もプレミア上映されました。

去年の『Reincarnation』同様、ココ・シャネルが登場します。彼女が誰よりも愛したという、謎の恋人との関係を描いた映画が撮影されています。

若い頃のココ・シャネルを演じるクリステン・スチュワート。撮影に気乗りしない主演女優アイリスです。昨年と同じく、年配のココに扮するのはジェラルディン・チャップリン。演技や振る舞いでもベテランを貫く大先輩の女優役です。