15.11.13(Fri)

青色を見つめる。ダイエットホルモンを刺激する寝る前のスリム習慣4つ

cafeglobe

cafeglobe

「自分らしく生きたい」「自分らしく働き、暮らしたい」と考える大人の女性のためのメディア

20151112_weight_loss_main

私たちが一番減量できる場所は、ジムでもキッチンでもなく、じつは寝室だそうです。 減量と睡眠には密接な関係があり、良質な眠りはダイエットホルモンと上手にリンクして減量に結びつきます。なぜなら、ぐっすり眠ることでグレリンという空腹ホルモンが抑えられ、さらにレプチンという体重増加を抑えるホルモンが分泌されるからです。 このことを踏まえ、寝る前にするだけでダイエットと安眠につながる習慣があります。