17.10.11(Wed)

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』最新トレーラーが公開

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

日本で12月15日から公開が予定されている『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の最新予告編が公開された。その中には昨年12月に急逝し、本作が遺作となったレイア役のキャリー・フィッシャーの姿もある。

2分半ほどにおよぶ今回の予告編には、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルをはじめ、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザックなど前作からのおなじみのキャスト陣が顔を連ねた。

そこではデイジー演じるレイがルークからライトセイバーの使い方を習っているシーンもあり、レイが「私の中に眠っていた"何か"がついに覚醒した。助けが必要なの」と口にしている。

この最新予告編が公開されるつい直前には、その次にあたる『エピソード9』では当初、レイアがストーリーの中心となる予定であったが、キャリーの突然の死を受けて内容が変更されることになったとマークが明かしていた。「『最後のジェダイ』でのレイアを気に入ってくれることは間違いなしだよ」「監督たちはエピソード9で、レイアに値する敬意を払った終わりの迎え方を探すと思うよ。ハン・ソロは『フォースの覚醒』で焦点となっていたし、ルークは『最後のジェダイ』でフィーチャーされたからね。それに9作目ではもともとレイアが重要な役割を果たすはずだったんだ」「世界中のみんなが彼女の残した穴を感じている。でもみんな耐える必要があるんだ。もし彼女がどこかで見守ってくれているのなら、彼女がいなくても平気なんだって見せてあげなきゃ。キャリーのためにね」

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。