17.06.17(Sat)

ドクター・ドレー、高校の芸術施設建設のため11億円を寄付!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ドクター・ドレーがカリフォルニア州にあるコンプトン高校の芸術施設建設に向けて1000万ドル(約11億円)を寄付する予定だという。推定資産7億4000万ドル(約824億円)と言われるドレーは、生徒がパフォーミングアーツにおいて創造性を発揮しその業界で将来に向けたキャリアの基盤を築くことが出来るよう、施設の建設に向け巨額の寄付をするつもりである意向を明らかにした。

「俺のゴールは子供たちが必要とするこういったツールや教育を提供することなんだ。このパフォーミングアーツセンターは若者がその後の学業の助けとなるよう創造性を豊かにし、将来を前向きに決められる場所となるんだよ」

ドレーは自らのこの建設費用への寄付に留まらず、2020年にオープン予定となっている同施設完成に必要な残りの資金集めにも協力していく予定だ。

この施設にはデジタル制作施設や1200席を要する劇場など、最新の設備が取り揃えられることになるそうだ。

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。