17.03.18(Sat)

マリオン・コティヤールが第2子女児を出産!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

 仏出身でアカデミー賞(R)女優のマリオン・コティヤール(Marion Cotillard, 41)が、長年のパートナーで仏俳優のギョーム・カネ(Guillaume Canet, 43)との第2子女児を出産したことが分かった。

 広報担当者が16日に事実を認めた。

 マリオンとギョームは2003年の映画『世界でいちばん不運で幸せな私』の撮影を通じて知り合い、長男のマーセル(Marcel, 5)君を授かっている。

 マリオンは昨年9月、Instagramで妊娠を発表し、10年来のパートナーを絶賛した。

 「数年前に人生で最愛の人と出会い、彼は私たちの息子の、そして今お腹にいる赤ちゃんの父親になりました」とマリオンは書き込んだ。「彼こそが私の愛する人で、最高の親友で、必要とする唯一の人なのです」

 『アサシン クリード』が日本でも公開中のマリオンの最新作は、監督としても活躍するギョームがメガホンをとった『Rock’n Roll(原題)』で、2人はお互いを大げさにしたようなキャラで夫婦を演じている。

 マリオンは昨年、妊娠を発表する際、『マリアンヌ』で共演した俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt)が自分のせいで女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)と離婚したといううわさを否定した。複数のメディアは、アンジーが同作でブラッドの妻を演じたマリオンとの関係に不満を感じていたと伝えていた。

 「こうした話題にコメントすることには慣れておらず、真剣に受け止めてもいませんが、今回の状況が悪循環を引き起こし、愛する人たちに影響を与えているため、はっきり言っておかなければなりません」とマリオンはInstagramで公開した声明で語った。「心から尊敬するアンジェリーナとブラッドが、このとても騒々しい時間の中に平穏を見い出してほしいと本当に願っています」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。