• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、来年にブロードウェイデビュー!

17.04.21(Fri)

キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、来年にブロードウェイデビュー!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

 マーベル・コミックのスーパーヒーロー、キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンス(Chris Evans, 35)が来年、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などで知られるケネス・ロナーガン(Kenneth Lonergan)監督が2001年に発表した戯曲「ロビー・ヒーロー」でブロードウェイデビューを飾る。

 2018年春に開幕予定の舞台にはマイケル・セラ(Michael Cera)も主演する予定で、トリップ・カルマン(Trip Cullman)が演出する。先日改装されたヘレン・ヘイズ劇場で公演し、NPO団体「セカンド・ステージ・シアター」のブロードウェイ企画の幕開けを飾る。

 「ロビー・ヒーロー」のストーリーは、マンハッタンのアパートに務める警備員、厳しい上司、ニューヨークで発生した殺人事件を捜査する若い女性警官とその予測不能なパートナーを中心に展開する。

 クリスは先日、2019年に公開される『アベンジャーズ』シリーズ第4作を最後に赤、青、白のキャプテン・アメリカの衣装を返上すると明言した。

 「契約が終わるからね」とクリスはエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)が司会を務める米トーク番組「エレンの部屋」で認めた。「『アベンジャーズ』の3と4が残っているんだ。『アベンジャーズ』3を今やっているところで、4は今年後半に撮影が始まる。それで契約が終了するんだ」

 新作2本は現在制作が進んでおり、グラスゴーやエディンバラ、ハイランドなどスコットランドの都市でロケが行われている。

 クリスはこれまで、コミックが原作の映画14本に出演してきたが、最近ではミュージカルに出演したいという希望を打ち明けている。

 「来年は(ブロードウェイに)出るかもしれない」とクリスは7日、米モーニングショー「グッドモーニング・アメリカ」で語っている。「最近はミュージカルがとても元気がいい。『ガイズ&ドールズ』のリメイクのうわさは以前から流れているし、『ウエスト・サイド物語』だってそうだ。この2本は大好きな映画で、小さいときはこういうミュージカルを観ていたよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。