16.11.30(Wed)

チャーリー・シーン、独身貴族を謳歌した豪邸を900万ドルで売却へ

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

チャーリー・シーン

 人気コメディシリーズ「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」などで知られる俳優のチャーリー・シーン(Charlie Sheen, 51)が、ビバリーヒルズの豪邸を900万ドル(約10億円)で売りに出している。買った値段よりも約200万ドル高く不動産市場に出ていると米芸能情報サイト「TMZ」が伝えている。

 ロサンゼルスで最高級のゲーテッドコミュニティ(塀などで囲まれた住宅街)の1つにあるこの豪邸は、チャーリーがパーティーで騒いだり、大勢のガールフレンドと酒やドラッグに溺れたりした場所として知られている。また2010年にメルセデス・ベンツが盗まれた現場でもある。チャーリーは昨年、HIVに感染していることを公表しており、両親の近くにいられるようマリブへの引っ越しを望んでいるという。

 チャーリーはビバリーヒルズの豪邸を720万ドルで購入し、地区内で最高の立地であることを理由に180万ドルを増額した希望価格を提示している。

 カナダのThe Hamilton Spectator紙によるとチャーリーはハリウッドの喧騒から逃れるため、メキシコの退職者向け居住地区への引っ越しも検討しているという。メキシコでチャーリーに物件を売却した不動産業者のスコット・ウェイザー(Scott Weier)は、「寝室を3つ備えた控えめで小さな家で、敷地面積は約2,700平方フィート(約250平米)。それほど高価ではなかった」と語っている。「ここに住み着くことを考えていると言っていて、ハリウッドの激しい競争と今の人生にうんざりしたとも話していた。今までとは少し違うことをしたがっている。変化を求めているんだ。ロサンゼルスの家に比べれば、とても控えめでシンプルだ」

 「海沿いの豪邸を自慢するために来るはずがない」とスコットは続けた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。