• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • エヴァン・レイチェル・ウッド、過去に2度レイプ被害に遭ったことを告白

16.11.30(Wed)

エヴァン・レイチェル・ウッド、過去に2度レイプ被害に遭ったことを告白

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エヴァン・レイチェル・ウッド

 女優のエヴァン・レイチェル・ウッド(Evan Rachel Wood, 29)が米Rolling Stone誌に寄せた手紙で、過去に2度レイプ被害に遭ったと告白した。

 手紙に先立ち、レイチェルは同誌とのインタビューで「身体的、心理的、性的な」虐待で苦しんだと打ち明けていたが、手紙では改めて詳細を告白し、「パートナーとの交際中に」レイプされたと明かした。また、「バーのオーナー」にもレイプされたことがあるとも話している。

 過去のおぞましい体験を打ち明けた理由について、レイチェルは次のように説明した。「今は人々がこれ以上黙っていられない時代だと信じています。偏見と性差別に満ちた世界情勢を考えれば」

 エヴァンは同誌とのインタビューでバイセクシャルだと衝撃的なカミングアウトをし、家族や友人は自分の性的な選択を「ある段階にすぎないか、バカらしいこと、注目を集めるためにやっていること」だと受け止めていたと語っている。

 「大人として健康的な関係を築こうとするまで、バイセクシャルは軽蔑に値することだと気づかず、それがどれほどダメージをもたらすのかを、いまだに辱めと条件づけが行われていることを、そして他人との関わり方に悪影響を与える烙印を私のセクシュアリティに押していることを知りませんでした」

 「私には食い物にできるところがあると知っていたからこそ、弱みに付け込まれてしまったのだと思います」

 またエヴァンは、かつて婚約していたゴスロッカーのマリリン・マンソン(Marilyn Manson)との関係についても打ち明け、一緒に外を歩いていたときに人から罵倒されたと暴露した。わずか19歳のときにマリリンとの交際をスタートしたエヴァンは、マリリンとバーレスク・アーティストのディタ・フォン・ティース(Dita Von Teese)の結婚を破滅させたとして批判され、ファンはその思いをそのまま彼女に伝えていたという。

 「道を歩いていると、売春婦と呼ばれていました」とエヴァン。「傷つかないわけがありません」

 エヴァンとマリリンは2010年1月に婚約したが、同年末に解消している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。