• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • クリス・エヴァンスら大勢のスター、「違法投票」を主張したドナルド・トランプ氏を批判!

16.11.30(Wed)

クリス・エヴァンスら大勢のスター、「違法投票」を主張したドナルド・トランプ氏を批判!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

クリス・エヴァンス

 11月の米大統領選で勝利した実業家のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が、数百万人が「違法に投票」したと主張したことを受け、『キャプテン・アメリカ』シリーズで知られる俳優のクリス・エヴァンス(Chris Evans)は次期大統領に「もっと良いリーダー」になってほしいと促している。

 大統領選でヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官を破ったトランプ氏は27日、クリントン氏を「残念」と切り捨て、次のようなツイートを投稿して物議をかもした。「圧倒的な大差で選挙人団を勝ち取ったことに加え、数百万人の違法投票者をのぞけば、一般投票でも私が勝った」

 トランプ氏の発言でSNSは大騒ぎとなり、クリスはトランプ氏の主張には具体的な証拠が一切ないとコメントした。

 「『何の根拠もなく』か」とクリスは書き出している。「あなたはもう次期大統領だ。ウソに油を注ぐのはやめてほしい。選挙のための戦術はもうおしまいだ。リーダーならもっと良い行動をとるべきだ」

 同じくマーベル作品『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴロー(Jon Favreau)監督もクリスに続き、「次の3つはすべて正しい可能性がある。1)トランプはマキャベリアンになるにはオツムが足りない。2)メディアは彼のツイートを伝えなければならない。3)彼のツイートはより大きな問題から社会の関心をそらす」

 コメディアンのビリー・エイチュナー(Billy Eichner)も「完全に常軌を逸した」と手厳しくトランプ氏を批判し、スタンダップコメディアンのクメイル・ナンジアニ(Kumail Nanjiani)は「トランプではなくオバマがこれをツイートしたと想像してみるといい。きっとショックを受け、恐ろしいと思うはずだ。ハードルが少しでも低ければ、地核まで到達していただろう」

 トランプが司会を務めていた米リアリティ番組「アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル」に出演していた日系人俳優のジョージ・タケイ(George Takei)も、次のようにコメントしている。「トランプさん、あなたを支援した人たちよりも数百万多くの人たちがあなたに反対していた。私たちの票を消し去ろうとすることでは友人は作れない」

 トーク番組司会者のアンディ・コーエン(Andy Cohen)も、「愛しい人よ。お願いだからTwitterから去ってくれないか」と懇願した。

 一方、米TVシリーズ「リベンジ」のキャスト陣もトランプ氏への批判で一致し、エミリー・ヴァンキャンプ(Emily VanCamp)は「これだわ。もうダメ。『#再集計2016』」とツイート。アシュレイ・マデウィ(Ashley Madekwe)も「なんなの…違法投票で数百万人の逮捕者が出ることになりそうね」と続け、皮肉な笑顔の絵文字を添えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。