16.11.29(Tue)

レスリー・マン、アプリで大学生の娘の行動をチェック!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レスリー・マン

 女優のレスリー・マン(Leslie Mann, 44)はスマートフォンのアプリを使って、10代の娘の大学での行動を監視している。

 『ワタシが私を見つけるまで』などで知られるレスリーは、監督でプロデューサーのジャド・アパトー(Judd Apatow)と1997年に結婚し、モード(Maude, 18)とアイリス(Iris, 14)ちゃんの2女に恵まれている。

 レスリーは23日夜、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)が司会のトーク番組「The Tonight Show」に出演し、娘について語った。モードがラジオ・TV・映画を学んでいるシカゴのノースウェスタン大学に進学を決めたことを受け入れるのが苦しかったと告白した。娘が数千マイル離れた街に住んでいるとはいえ、レスリーはスマートフォンを使い、モードに気づかれないようにその行動を追跡することで慰めを見出しているという。

 「『Find My Friends』というスマホのアプリで娘を追跡しているの」とレスリーはジミーに打ち明けた。「すごく気持ちが楽になる。普段から夜中に目が覚めて娘の安全が心配になると、Find My Friendsをチェックして家にいるのを確認しているわ」

 しかしレスリーは、モードがキャンパスの近くにある大学の社交クラブハウスにいることに気づいたものの、居場所を問いただすメールは送れなかったとも話している。

 「『モード、もう帰りなさい』とメールを送ったわ」とレスリーは笑った。「きっと私が超能力者かなにかだと思ったはずよ」

 レスリーは英野外音楽フェスのグラストンベリーに娘と一緒に参加した際、「恐ろしいほどの」人の群れの中で離ればなれになってもお互いを見つけられるよう、このアプリをダウンロードしたと説明。また大学が休みのときは娘の友人の動向もチェックしていたという。

 「娘とその友だちも追跡していたけれど、いまだにそうしているとは気づいていないはず。でも今、バックステージでこの放送を見ているから、きっとバレてしまったわ」とレスリーは話した。

 一方、レスリーは次女のアイリスちゃんは遠く離れた大学へ行くことを決めた姉に不満を感じているともつけ加えた。両親と実家ですごす時間が増えるからというのが理由だ。

 「アイリスはモードが実家を出ていったことで私たちのもとに取り残されたとムカついていて、『ママとパパと一緒に出かけたくない、話もしたくない』と言っているわ」とレスリーは次女の悩みについて笑顔で語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。