16.11.25(Fri)

北米公演を終えたアデル、第2子の妊活をスタート!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アデル

 ワールドツアーの北米公演を終えた英人気ソウル歌手のアデル(Adele, 28)が、第2子の妊娠を目指すと宣言した。

 アデルは21日夜にアリゾナ州フェニックスで今年最後のコンサートを行い、2017年に妊娠する計画を公表してライブを締めくくった。

 「拍手をお願い…やり遂げたわ!」とアデルはファンに手を振りながら叫んだ。「また地球の反対側で会いましょう。数年後だけど、また戻ってくるわ。私を追い払おうなんて、そうはいかないわよ」

 ステージから立ち去ろうとしたアデルは、最後にこう宣言した。「赤ちゃんをもう1人作ってくるわ!」

 アリゾナでのコンサートは、2月に始まった「アデル・ライブ2016」ワールドツアーの107回目のステージとなった。ツアー中のアデルは息子のアンジェロ(Angelo, 4)君に弟か妹を与えたいという希望を公言していた。

 「息子がもうすぐ4歳になるの」とアデルは先月、テネシー州ナッシュビルでのコンサートで観客に語りかけた。「子どもは4歳になると、もう赤ちゃんとはいえないから、母親としてすごく感情的になってきたの」

 「それで子宮が少し痛み始めてきたわ。『ベイビー、ベイビー、ベイビー。ベイビーが必要、ベイビーが必要!』と言っているみたい」

 しかしアデルはまだ妊娠はしていないとも明言し、「妊娠していないわ。ツアーが終わるまで妊娠する気はないの」とも語っていた。

 アデルは2017年2月と3月にオーストラリアとニュージーランドで行う豪州ツアーでステージに復帰する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。