• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 『スター・ウォーズ』のキャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードとの不倫報道のデマに苦言!

16.11.19(Sat)

『スター・ウォーズ』のキャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードとの不倫報道のデマに苦言!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

キャリー・フィッシャー

 『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じたキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher, 60)が、同シリーズで共演し、かつて不倫関係にあったハリソン・フォード(Harrison Ford)のベッドテクニックに関するウソを噂好きの人たちが広める前に、回想録を読んでほしいと訴えている。

 キャリーは今月発売される回想録「The Princess Diarist」で、ハリソンと3ヶ月間不倫していたと告白。初めてキャリーがレイア姫を、ハリソンがハン・ソロを演じて1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』の撮影中は友人以上の関係だったと打ち明けている。

 同著から引用されたと見られる文章は15日にネット上に流出。当時19歳だったキャリーはハリソンとの初めての夜に失望したと示唆する内容だった。

 キャリーはこうした主張は事実無根だと力説し、米People誌に次のように語った。「ハリソンのベッドテクニックが下手だとする報道は完全に間違っているわ。記事を読む前に本を読むべきね」

 またキャリーはこうした報道について、Twitterで事実関係をはっきりさせている。回想録ではハリソンのテクニックにまったく触れていないと強調した。

 「イスやベッド、コーヒーテーブルなど、どの家具にも関係なく、誰かの腕前を語ることはないわ」とキャリーはジョークを飛ばしている。

 キャリー自身は短期間で終わった不倫関係にいい思い出しかなく、「すごく強烈だった」と認め、「平日はハンとレイア、週末はキャリーとハリソンだった。私はとても未熟だったけど、彼についてはあることで信用していた。彼はやさしかった」と振り返った。

 また彼女は回想録について事前にハリソンに連絡したとも明かしたが、ハリソンは過去の暴露について特に何も言わなかったという。

 「『弁護士を呼ぶぞ!』とだけ言っていたわ」とキャリーは語り、ハリソンに前もって1部送ったが、感想は聞いていないと認めた。

 ハリソンは沈黙を保っているが、キャリーは彼が当時の妻メアリー・マーカット(Mary Marquardt)を裏切ったことを示唆しているとはいえ、不倫関係を告白したことに後悔はないという。

 「40年前のことなのよ」とキャリーは話している。

 ハリソンとメアリーは1979年に離婚を申請。ハリソンは1983年にメリッサ・マシスン(Melissa Mathison)と再婚し、現在は3人目の妻キャリスタ・フロックハート(Calista Flockhart)と結婚している。

 キャリーは1983年に歌手のポール・サイモン(Paul Simon)と結婚したが、翌年に離婚して以来、独身を貫いている。

 ハリソンとキャリーは昨年公開のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でそれぞれハン・ソロとレイアを再演した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。