16.11.19(Sat)

アデル、コンサート会場にコウモリが闖入し大絶叫!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アデル

 英ソウル歌手のアデル(Adele)が14日、メキシコでのコンサート会場に飛び込んできたコウモリを見て絶叫を上げた。

 アデルはメキシコシティのパラシオ・デ・ロス・デポルテスでコンサート中、観客席に異常を発見した。ネット上に投稿された動画には、アデルが「コウモリがいる!」と叫び声を上げ、真似をするように両腕をバタバタさせる様子が映っている。

 「そこのコウモリが、あなたの頭のすぐそばに下りたわよ!」とアデルは大声で呼びかけ、観客席のコウモリを指差した。「あなたの頭のすぐそばに下りたの! コウモリだなんて。メキシコへようこそ。ここに来られたのはうれしいけれど、どうしてコウモリがいるのよ!」

 予想外の混乱にもかかわらず、アデルはコンサートを続行し、その後は同国で初めてのコンサートでもアットホームな気持ちにさせてくれたメキシコのファンに感謝した。

 「このチャンスを与えられて本当に感謝しているわ。ついにメキシコに来ることができてとてもうれしい」とアデルは語っている。「コンサートに来てくれて本当にありがとう。ステキな時間だった。みんなも楽しんだことを願っているわ。滞在中、あんなに親切にしてくれてありがとう」

 アデルは15日も同じ会場でライブを敢行。ワールドツアーの北米公演は11月21日、アリゾナ州フェニックスでフィナーレを迎え、その後は休暇に入る。

 また、14日にはFacebookで初のオーストラリアツアーをすると発表した。

 「元気? 私よ。歌手になって10年が経つけれど、ようやくみんなが私とブリスベン、シドニー、パース、メルボルン、そしてアデレードで会いたがっているのかなと思って」とアデルは書き込み、2015年のヒット曲「Hello」の歌詞を引用した。「そうなの! 豪州に向かうわ。待ち切れない!」

 アデルは5都市ツアーを2月28日にパースでキックオフし、ブリスベン、シドニー、アデレードで公演する。豪ツアーは3月18日のメルボルンでフィナーレを迎える。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。