16.11.18(Fri)

ロブ・ロウ、52歳のいまが心身ともに最好調!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ロブ・ロウ

米俳優のロブ・ロウ(Rob Lowe)は、昨シーズンからスタートした米TV新医療ドラマ「Code Black」において、ロサンゼルスの病院に配置替えとなった軍医イーサン・ウィリス役を演じている。シリーズ自体もロブが演じるイーサンも、ともに実在の出来事や個人を元に創作されたものだが、そもそもワークアウト好きなロブとしてはいよいよ身体のコンディションを最高に保つモチベーションが上がっているという。

「トレーニングを続けていないと、逆に疲れるんだ。それに、イーサンというキャラクターの元になっているひとのことを考えたら、いよいよ鍛えておかないと申し訳ない気分になるしね」と、ロブは英新聞Metro紙に対して語っている。

1980年代初頭にデミ・ムーア(Demi Moore)やエミリオ・エステベス(Emilio Estevez)などとともに “ブラット・パック”の一員として注目されて以降、ハリウッド映画やTVドラマの常連として活躍してきているロブだが、52歳の実年齢よりもはるかに若々しく見える。

「他の男性から、“何をしたらそうなるんだ?”とよく聞かれるけれど、日焼け止めやモイスチャライザーを小まめに使うなど、女性たちがずっと知っていたことをやっているだけなんだ。別に秘訣でもなんでもなく、ただ男性があまりしないだけ。肌の手入れをしなければ、そりゃ肌が痛んでくるよ。ぼくがスキンケアラインの“Profile For Men”を立ち上げたのは、男性にそのことを教えてあげたいと思ったから。自分の息子たちに教える延長みたいなものさ」

ワークアウトをせっせとこなすとともに食生活に気を使い、この26年間は完全にお酒も断っているというロブ。

「人生の中で、いま体調が一番いい。創造力もいまが一番冴えている。何かの“匠”になるには1万時間ぐらいかけないといけないというけれど、おかげさまでそれ以上やって来たからね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。