16.11.18(Fri)

ブラック・アイド・ピーズのタブー、がん闘病を告白

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

タブー

 米人気ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)のタブー(Taboo/本名:ヘイミー・ルイス・ゴメス、Jaime Luis Gomez, 41)が、精巣がんで闘病していたことを告白した。

 タブーは2014年に背中とお腹に痛みを感じるようになったが、当初はインフルエンザだと思って無視していた。しかし痛みに耐えられなくなって診察を受けると、ステージ2の精巣がんと診断された。

 「その翌日に手術を受け、腫瘍を除去したんだ」とタブーは米People誌で打ち明けた。「でも、俺の闘いは始まったばかりだった。家族やグループはみんなショックを受けていたけれど、(フロントマンの)ウィル・アイ・アム(will.i.am)がすぐに名医に連絡をとってくれて、医者が俺のために治療計画を作ってくれた。時間との闘いだったんだ」

 タブーは3ヶ月に渡って「強烈で攻撃的な」化学療法を受け、これ以上は続けられないと感じたことも多々あったという。しかし同じ病気を克服したスポーツ界のスターに力をもらった。

 「あきらめようと思ったことも何度かあったけれど、同じ闘いを経験したスポーツ選手に勇気をもらったんだ」とタブー。「自分を生かし、元気づけてくれるもの、つまり音楽にエネルギーを集中させるようになった。勇気を与えてくれた人たちのように、自分の経験を話し、他の人たちを勇気づけたいと思った」

 タブーは「より強い自分となって向こう側に行ける」まではファンに病気を伝えることを拒んでいたが、その代わり、がんとの闘いを曲にするようになった。

 「(化学療法後に脳の働きが鈍る)キーモブレインになって、意識がもうろうとしていたけれど、チームが集中するのを手伝ってくれた。それが大事だと分かっていたんだ」とタブーは続けた。

 タブーは現在、米がん協会とタッグを組み、「ザ・ファイト」というキャンペーンを展開。「ファイト」という新曲もリリースした。

 「もう2年以上がんが再発していないけれど、まだ終わってはいない」とタブー。「この病気で苦しんでいる患者は数百万人もいる。試練と苦難に直面した時、縮こまる必要はないと伝えたい。立ち上がって闘うんだ、と」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。