• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • オスカー女優のブリー・ラーソン、監督デビュー作にサミュエル・L・ジャクソンら大物俳優が出演!

16.11.17(Thu)

オスカー女優のブリー・ラーソン、監督デビュー作にサミュエル・L・ジャクソンら大物俳優が出演!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ブリー・ラーソン

 『ルーム』でアカデミー賞(R)主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン(Brie Larson, 27)の監督デビュー作に、サミュエル・L・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、ジョーン・キューザック(Joan Cusack)らベテラン俳優が出演することが分かった。

 両親と暮らすために実家に戻る女性を描くコメディ『Unicorn Store(原題)』でブリーは主演も務め、ジョーンやTVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」で知られるブラッドリー・ウィットフォード(Bradley Whitford)、サミュエルらベテラン俳優が出演することが決まった。ブリーはサミュエルと『キングコング:髑髏島の巨神』で共演しており、サマンサ・マッキンタイア(Samantha McIntyre)が脚本を書いた『Unicorn Store』ではプロデューサーも務める。

 撮影はすでにロサンゼルスで始まっていると米エンターテイメント情報サイト「Deadline」は伝えている。

 同作は当初、レベル・ウィルソン(Rebel Wilson)主演でミゲル・アルテタ(Miguel Arteta)監督がメガホンをとる予定だったが、スケジュールの問題で2人とも降板。その後、アカデミー賞を受賞したブリーに企画が持ち込まれた。

 ハーキュリーズ・フィルム・ファンドが資金を全面提供し、レア・フィルムズが制作を手がける。ブリーのほかにリネット・ハウエル・テイラー(Lynette Howell Taylor)、脚本の原案も担当したルーベン・フライシャー(Ruben Fleischer)らがプロデューサーとして名を連ねている。

 ブリーはキャスティングの進行具合について明らかに興奮した様子でTwitterで告知した。

 ブリーは今後も多忙なスケジュールを抱えている。『Unicorn Store』と『キングコング』に加え、『The Glass Castle(原題)』、『Basmati Blues(原題)』、『Captain Marvel(原題)』に出演し、さらにマーベルの『アベンジャーズ』シリーズ最新作『Avengers: Infinity War(原題)』にも出演が噂されている。もし『Infinity War』への出演が決まれば、2018年に公開が予定されている同作にニック・フューリー役で再登場するサミュエルと3度目の共演を果たすことになる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。