• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリーは「友だちじゃない」と打ち明けていたことが判明!

16.11.16(Wed)

テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリーは「友だちじゃない」と打ち明けていたことが判明!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

テイラー・スウィフト

 人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)は今年、「METガラ」ことニューヨークのメトロポリタン美術館が主催する「コスチューム・インスティチュート・ガラ」パーティーで、TV司会者のアンディ・コーエン(Andy Cohen)に歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)は「友だちとは正反対」と語っていたことをアンディが明らかにした。

 テイラーは2014年、アルバム『1989』に収録された楽曲「バッド・ブラッド」(不仲)は、数人のバックダンサーを引き抜いてツアーを妨害しようとした、ある女性ミュージシャンのことを歌っていると明かし、それがケイティだとみられたことで2人の不仲説が浮上した。

 テイラーとケイティはこの話題について具体的に語っていないが、何度かそれとなく触れていた様子はある。トーク番組「Watch What Happens Live」で司会を務めるアンディによると、テイラーはMETガラでケイティとのトラブルを隠そうとしなかったという。

 アンディは新著「Superficial: More Adventures from the Andy Cohen Diaries」の中で、サラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)と一緒にMETガラに出席し、バーでテイラーと軽く言葉を交わした時の様子を振り返っている。テイラーはその時、レディー・ガガ(Lady Gaga)のパフォーマンスを鑑賞するために席を探しており、アンディはケイティの隣の空席を提案した。

 「どうして自分が首を突っ込む必要があると感じたのかは決して分からないが(彼女のスクワッドに入るオーディションだったのだろうか?)、彼女にとっては完全に間違っていることを無邪気にも言ってしまった。『君の友だちのケイティが隅に座っていて、周りの席はかなり空いているよ』と言った」とアンディは書いている。テイラーは「『どのケイティ?』と聞き返し、僕は『ペリーのほうだよ』と答えた。すると彼女は、ケイティは友人とはまったく正反対の存在だとはっきり示した」とエンターテイメント情報サイト「ET Online」は伝えている。

 アンディは「スクワッド」と呼ばれるテイラー率いるヤングセレブグループのオーディションには落ちたとジョークを飛ばし、テイラーにトーク番組でこのことに触れないようにお願いされたとも暴露したが、「彼女は本に書いたら許さないと言ってはいないので、ここに記したというわけだ」と話した。

 テイラーは米Rolling Stone誌とのインタビューで初めて、ある歌手が「本物の敵」だと打ち明けた。名前は明かさなかったものの、そのために彼女を避けることになったと話した。また英The Telegraph紙に対しては、インタビューで直接この話題に振れることは決してないと語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。