16.11.15(Tue)

ドナテラ・ヴェルサーチ、変化を恐れず進化し続けるのが大事!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ドナテラ・ヴェルサーチ

自伝本“Versace”が先月発売された「ヴェルサーチ」(Versace)の総帥ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace、61)。彼女が若いデザイナーたちにアドバイスしたいことは、変化を恐れず受け容れることだそうだ。

「成功したければ、常に進化を続けること」と、ドナテラはVogue.comに対して語っている。「ファッションブランドも普通の企業と同じで、成功するためには進化して行かなければならない。何かがずっと同じであり続けるということは、ビジネスでもファッションでもあり得ない」

「ヴェルサーチ」を率いることに対して常に情熱を傾け、同ブランドの無限の可能性にいまだにワクワクするというドナテラだが、ファッション界の現在に上手に適応する必要はあるとする一方で、自身の直観を重視することも他人に奨めたいという。

「ほんとうの自分に忠実で、自分の信念にしっかり従えている時が一番良い仕事ができもの。わたしも過去には、迷いがあったり、臆病になったりする時もあって、それが自分の仕事に現れてしまうこともあった。毎シーズン毎シーズン、自分に自信を持って、「ヴェルサーチ」を前へ前へと歩みさせ続けなければいけないと思っている。それは大変な仕事ではあるけれど、何をやれば結果がついてくるかが、わたしには一目瞭然なの」

“妥協せずに、恐れずに何事にも取り組め”とも語るドナテラ。“女性が自分の個性を大事にして、自らに力を持てる”ことを後押しするデザインを心掛けているとも語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。