16.11.10(Thu)

ジャレッド・レト、指が切断されている動画を公開しファンが騒然!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジャレッド・レト

 『スーサイド・スクワッド』などで知られるミュージシャンで俳優のジャレッド・レト(Jared Leto)が7日、指が切断されたように見える動画をSnapchatに投稿し、ファンの間で騒ぎとなった。

 この動画では、ジャレッドの小指と薬指がないように見え、包帯で巻かれている様子が映っている。オスカー俳優でもあるジャレッドは「指が行方不明」とキャプションを添えた。

 この動画でロックバンド、サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ(30 Seconds to Mars)のフロントマンを務めるジャレッドのファンは騒然となり、あるファンは「一体全体指をどうしたの? すごく心配だわ」とツイート。別のファンも「ジャレッド、大丈夫? 指をどうしたの? 本気で心配だわ」と不安を口にした。

 一方で別のファンは、この動画は新作映画のための策略ではと指摘したが、いたずらの可能性もあるジャレッドの状況についての公式発表はない。

 ジャレッドはハリウッドで極端ないたずら好きとしても知られる。『スーサイド・スクワッド』でジョーカーを演じたジャレッドはすっかり役にのめり込み、共演者にネズミや使用済みコンドーム、大人のおもちゃなど気持ち悪い「プレゼント」を贈っていた。

 Snapchatで公開した動画が新作映画の気の早いPRだとすれば、ジャレッドがSF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編『Blade Runner 2(原題)』で演じるキャラクターには指がないことを示している。詳細は秘密のベールに包まれているが、同作にはライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)、ロビン・ライト(Robin Wright)、アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)、マッケンジー・デイビス(Mackenzie Davis)らが出演し、1982年のオリジナル版でレプリカントハンターのリック・デッカードを演じたハリソン・フォード(Harrison Ford)も登場する。

 物語の詳細も伝えられていないが、『Blade Runner 2』はオリジナル版のエンディングから数十年後を舞台にするとみられている。ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督による同作は2017年10月の公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。