• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 児童ポルノで起訴された「glee」のマーク・サリング、強姦容疑では不起訴処分に

16.11.02(Wed)

児童ポルノで起訴された「glee」のマーク・サリング、強姦容疑では不起訴処分に

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マーク・サリング

 米人気TVシリーズ「glee/ グリー 踊る♪合唱部!?」で知られる俳優のマーク・サリング(Mark Salling, 34)に対する強姦容疑が、被害者女性が親告までに時間をかけすぎたという理由で棄却された。その結果サリングは不起訴となり、ロサンゼルス郡検察局は証拠不十分と実証不足を理由に棄却を決めた。

 当時処女だった22歳の女性は、2012年にサリングに酒を飲まされて肉体関係を持ったと主張。やがて意識を失い、目を覚ますとサリングが隣で寝ていたと訴えたと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。

 サリングの広報担当者は今回の報道についてまだコメントしていない。

 サリングは10ヶ月前、「数千点」に及ぶ未成年者のみだらな画像を所持していた容疑で逮捕された。タレコミを受けた警察はカリフォルニア州サンランドにあるサリングの自宅を家宅捜索し、2件の児童ポルノ容疑で逮捕した。

 「glee」でノア・「パック」・パッカーマンを演じたサリングは裁判で無罪を主張。有罪が確定した場合は最大で禁錮40年の刑を受ける可能性がある。

 サリングは現在、15万ドル(約1,570万円)の保釈金で釈放されており、公園や学校など子どもたちが集まる場所に100ヤード(約91.44メートル)以上近づかないことが条件となっている。また、常にGPS監視装置の着用、インターネットを使用する時は連邦当局への連絡、裁判所へのパスポート提出、あらゆるドラッグの使用禁止を求められている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。