16.10.29(Sat)

ロミー・ストリド、VSエンジェル仲間が大きな支え!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ロミー・ストリド

オランダ出身のファッションモデルであるロミー・ストリド(Romee Strijd、21)は、米ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret)が毎年暮れに開催するショーに2014年に初めて選ばれ、翌年の2015年から同ブランドの広告塔軍団“エンジェルズ”の仲間入りを果たした。

母国オランダからニューヨークに本拠を移したロミーは、モデル仲間たちが自分の支えになってくれていることに感謝しているという。

「(メディアにおいて)舞台裏でモデル同士の足の引っ張り合いみたいなことばかりあるように書かれるけれど、少なくともわたしの経験ではそういうことなんてないわ」と、ロミーはオンラインショッピングの「ネッタポルテ」(NET-A-PORTER)のウェブジン“The Edit”に対して語っている。

ロミーが2014年に「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーに初登場した際にも、先輩たちからいろいろヒントを貰い、バックステージでメディアから受けるインタビューについても新人のロミーが困らないようにみなで何かと助け船を出してくれたりしたそうだ。

「英語がまだうまく話せないわたしを助けてくれて、会話がスムーズに行くように手伝ってくれたの。あんなに応援してもらえて、実に心強かったわ」

いまも多くのモデル仲間たちのアドバイスを頼りにしているというロミーは、、ニューヨーク市のチェルシー地区で、ジョセフィーヌ・スクリバー(Josephine Skriver)、テイラー・ヒル(Taylor Hill)、ジャスミン・トゥークス(Jasmine Tookes)などと住まいが歩いて1分もかからないご近所ということもあり、しょっちゅう一緒に映画を見たり、ともにジム通いをしたりする間柄なのだとか。

そんなロミーは、週4回はトライベッカ地区にある有名ジム“Dogpound”で汗を流すことにしているという。

「3回は自分だけで、あとの1回は友人たちと一緒に行くの。朝食の後や昼食の前にエクササイズするのが、わたしは楽しい。友人たちと一緒だとモチベーションが上がって特にいいわ」と語るロミーは、体型をスリムに保つことよりも、身体を強くすることが主眼のワークアウト方法にたどり着いたそうだ。

「人生における良いバランスとは何かをひとに伝え、正しいエクササイズや食事法を広めることは、とても大事なことだと思うようになったわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。