16.10.27(Thu)

行方不明になっていたリアーナの元バックダンサー、保護され入院

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リアーナ

 R&B歌手のビヨンセ(Beyonce)やリアーナ(Rihanna)のバックダンサーを務め、24日に行方不明になっていたシャーリーン・クイグリー(Shirlene Quigley)が発見された。

 複数の事情通は米芸能情報サイト「TMZ」に対し、シャーリーンはニュージャージー州で自ら名乗り出て、現在は病院で治療を受けていると語っている。

 シャーリーンの友人や家族は、彼女と連絡が取れなくなっていたことから警察に行方不明者届を提出。警察はニュージャージー州のレンタカー会社「ハーツ」の店舗で彼女の車を発見し、マンハッタンのブライダルショップで携帯電話を見つけたという。

 シャーリーンを親友の1人だと思っているリアーナも彼女を探す人たちに加わり、情報提供を呼びかけた。24日には感情的なメッセージをInstagramで公開。彼女の動画をアップして次のようなキャプションを添えた。

 「この美しい魂の持ち主で、私のバックダンサーだった人が行方不明になったの!!! 彼女を愛する人たちみんなにとって、どれほど深刻なことかと思うと胸が痛むわ! もし彼女を見かけたり、情報を持っていたりする人がいたら、ノースバーゲン警察署に連絡して」

 ラッパーのミッシー・エリオット(Missy Elliott)もシャーリーンの捜索に力を貸してくれるようSNSでファンに呼びかけた。

 「緊急メッセージ:もしシャーリーン・クイグリーを見かけたり、連絡を受けたりした人がいるなら、ノースバーゲン警察に連絡してほしい…。もし何らかの情報を持っていたら、どうか名乗り出て。お願いだからシェアして彼女を見つけるのを手伝って!!」

 シャーリーンの様子や発見場所などの詳細は明かされていない。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。