• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジェニファー・グレイ、ナタリー・ポートマン&ライアン・ゴズリングで『ダーティ・ダンシング』のリメイク映画を熱望!

16.10.22(Sat)

ジェニファー・グレイ、ナタリー・ポートマン&ライアン・ゴズリングで『ダーティ・ダンシング』のリメイク映画を熱望!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェニファー・グレイ

 1980年代の大ヒット映画『ダーティ・ダンシング』で知られる女優のジェニファー・グレイ(Jennifer Grey)が、もしリメイク映画が製作されるとしたら、ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)とライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)に主役を演じてほしいと熱望している。

 ジェニファーは1987年に公開されて世界中で大ヒットしたオリジナル版でナイーブなフランシス・「ベイビー」・ハウスマンを演じ、ジョニー・キャッスルに扮した故パトリック・スウェイジ(Patrick Swayze)と共演。もしリメイク映画の企画があれば、この2人を演じるのにぴったりのスターがいると考えている。

 「ナタリー・ポートマンとライアン・ゴズリング(なら最高)だわ」とジェニファーは「Just Jenny」ポッドキャスト版で明かした。「あの2人を見たくない?」

 「ザ・ゴズ(ライアン)には説明できない何かがあると思わない? 本当にすばらしい役者だわ。とてもミステリアスだし、何かすごいものを秘めている。彼を一目見れば、誰でも『ステキ!』と思うはず。それに、彼はダンスもすごく上手なの」

 ジェニファーはライアンが13歳未満でディズニーの「ミッキー・マウス・クラブ」に出演していた頃からのファンだと認めた。「ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)と一緒に出ているビデオをもう一度見返してみれば分かるわ」とジェニファー。「あの2人が歌っているのよ」

 しかし、ジョニー役には『マジック・マイク』シリーズなどで知られるダンサーで俳優のチャニング・テイタム(Channing Tatum)でも手を打つと語り、チャニングのことを「超セクシー」だと評した。

 「おバカも天才も演じることができるわ。スマートだけど、自分のことを本気でそうだと思わないだけの分別がある。『マジック・マイク XXL』を観た時は自然に大声を上げてしびれていたわ。彼のダンスは信じられないくらいセクシーなエネルギーを出していた」

 しかしジェニファーは『ダーティ・ダンシング』のリメイク映画を長く待ち続ける必要はなさそうだ。アビゲイル・ブレスリン(Abigail Breslin)がベイビーを演じるTVリメイク版は来年、全米で放映される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。