16.10.21(Fri)

リチャード・ギア、元妻キャリー・ローウェルとの離婚が成立

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リチャード・ギア&キャリー・ローウェル

 俳優のリチャード・ギア(Richard Gere, 67)と元妻で女優のキャリー・ローウェル(Carey Lowell)の離婚が成立した。

 『プリティ・ウーマン』などで知られるリチャードは2013年、『007/消されたライセンス』でボンドガールを務めたキャリーと別居。その後は泥沼の裁判を闘っていた。しかし18日に離婚の調停が成立し、マンハッタン地裁のマシュー・クーパー(Matthew Cooper)判事が合意書に署名したと米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」が伝えている。

 リチャードとキャリーは審理に出席せず、合意内容は非公開となっている。2人は以前、息子のホーマー(Homer, 16)の親権を共同で持つことで合意したが、和解金については合意できなかった。

 元夫妻それぞれの弁護士は裁判所を去る時、コメントに応じなかった。

 リチャードは2014年、離婚について心境を語り、精神的な混乱を『ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度』で演じたホームレス男性の役作りに活かしたと打ち明けていた。

 「おそらく本当に役に立ったと言えるのは、離婚の真っ只中にあったことで、感情がむき出しになっていたことだね」とリチャードはニューヨークのリンカーン・センター映画協会であった映画界への貢献を称えるイベントで語った。

 リチャードは2002年に3人目の妻キャリーと結婚。スーパーモデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)と結婚していた時期もある。

 一方、リチャードは米鉱山王ロバート・フリードランド(Robert Friedland)の息子ゴヴィンド(Govind)の元妻でスペイン人ソーシャライト、アレハンドラ・シルヴァ(Alejandra Silva)と2014年から交際している。彼女との熱愛は昨年に初めて報じられ、シチリア島でのバカンス中にレストランでキスをする姿を激写されていた。また、キャリーと別居後にTVシェフのパドマ・ラクシュミ(Padma Lakshmi)との熱愛が噂されたこともあるが、交際から半年で破局した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。