• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジム・キャリー、自殺した元恋人キャスリオナ・ホワイトさんの母親を逆提訴

16.10.21(Fri)

ジム・キャリー、自殺した元恋人キャスリオナ・ホワイトさんの母親を逆提訴

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジム・キャリー

 カナダ出身のコメディ俳優ジム・キャリー(Jim Carrey)が、自殺した元恋人の母親に対して法廷で逆襲に転じた。

 『ジム・キャリーはMr.ダマー』などで知られるキャリーは、元恋人でアイルランド出身のメイクアップアーティスト、キャスリオナ・ホワイト(Cathriona White)さんの母ブリジッド・スウィートマン(Brigid Sweetman)に家を買ってくれなければ自殺すると脅されたと主張する文書を提出した。

 キャリーによると、ホワイトさんがカリフォルニア州で自殺してから2ヶ月後の昨年11月にスウィートマンからメールが届き、この中で彼女は殺害の脅しを受けたり、家に傷をつけられたりしていると伝えてきたという。批判の矢にさらされた理由は、夫の3回忌の日に娘のFacebookに残した「恐ろしく、下劣な」書き込みが原因でホワイトさんが自殺したと世間に思われているからだと信じ込んでいたらしい。

 さらにキャリーはスウィートマンに「このままでは自殺してしまう」と言われ、新しい家を用意してくれるように頼まれたと主張。しかし断るとスウィートマンは「怒り狂った」という。

 スウィートマンはは今月、キャリーを不法死亡訴訟で提訴。キャリーの弁護団は金が目当てだと反論した。

 さらにキャリーは、ホワイトさんはキャリーに性感染症をうつされたことで自殺を決意したというスウィートマンと当時別居中だったホワイトさんの夫マーク・バートン(Mark Burton)の2人の主張にも反論している。

 スウィートマンは先週、キャリーが受けたと主張している性的健康検査の結果を公表すれば不法死亡訴訟を取り下げると約束。映画情報サイト「TheWrap」に寄せた声明では次のようにコメントしていた。

 「ジム・キャリーと彼の弁護士は、キャリーは性感染症にかかっておらず、検査結果で陽性だったことは一度もないと発表しました。彼らは逆の事実を主張した私とマークを『詐欺師』だと呼びました」

 「どちらが真実を語り、ウソをついているのかを世間が判断できるよう、2013年の検査結果の全容を直ちに公開することを要求します。キャリーが2013年1月28日午前11時40分に『ホゼ・ロペス』の偽名で受けた血液サンプルに関するクエスト・ダイアグノスティクス社の検査報告の全容を公開し、キャリーが性感染症で陰性だと証明されれば、直ちに訴訟を取り下げて謝罪します」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。