• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 離婚を申請したアンジェリーナ・ジョリー、夫ブラッド・ピットの児童虐待捜査でFBIと面談

16.10.21(Fri)

離婚を申請したアンジェリーナ・ジョリー、夫ブラッド・ピットの児童虐待捜査でFBIと面談

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アンジェリーナ・ジョリー

 女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)が18日、子どもたちと一緒に別居中の夫で俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt)に対する児童虐待の疑いを捜査している米連邦捜査局(FBI)と面談した。

 アンジーは9月19日、代理人を務めるロバート・オファー(Robert Offer)弁護士によると「家族の健康」を理由に、2年前に結婚したブラッドと離婚する手続きに踏み切ってファンを驚かせた。

 ことの発端は、9月14日に家族がプライベートジェット機でフランスからロサンゼルスに向かう途中、マドックス(Maddox, 15)君を巻き込んだトラブルが起きたことだった。その後、ブラッドの子育て方針をめぐって夫妻の意見が対立したと報じられた。このため、FBIとロサンゼルス郡児童相談所が児童虐待の疑いで捜査を始めていた。

 18日、2人のFBI捜査官がカリフォルニア州マリブにあるアンジーの邸宅を訪れ、3時間以上にわたってアンジーと子どもたちから機内で起こったとされる口論について話を聞いたと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。今回の面談は、当局が虐待の疑いで本格的な捜査を始めるのに正当な理由があるかどうかを決める判断材料の一つとして開かれ、アンジーたちは当時の状況を段階的に思い出すように求められたようだ。

 アンジーは9月に離婚の一時的な取り決めに合意し、現在は子どもたちの全面的な身体的親権を認められているが、ブラッドは面会権だけにとどまり、これまでに2回子どもたちと会っているという。

 一時的な合意については今月中に児童相談所が見直すことになっており、その一環としてアンジーとブラッドは個別カウンセリングに加え、子どもたちを含めた家族カウンセリングを受けることになる。またブラッドは予告なしにドラッグとアルコールの検査を受ける必要がある。ブラッドは先日、自主的に同様の検査を受け、どちらの反応もなかったと伝えられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。