• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • エディ・レッドメイン、トップレスシーンに備えて筋トレしたのにカットされて無駄骨!

16.10.20(Thu)

エディ・レッドメイン、トップレスシーンに備えて筋トレしたのにカットされて無駄骨!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

エディ・レッドメイン

 英俳優のエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でトップレスシーンの撮影に備えて数ヶ月も筋力トレーニングに励んだものの、最終的にカットされてしまい、せっかくの苦労が水の泡となったエピソードを明かした。

 『博士と彼女のセオリー』でオスカー主演男優賞を受賞したエディは、『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフとなる『ファンタスティック・ビースト』で魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを演じている。脚本に上半身裸でたくましい肉体を披露するシーンが1つあったことから、この瞬間のために筋力トレーニングに励んだ。ところが完成版からはそのシーンがカットされてしまい、せっかくの努力がムダになったという。

 「悲しいことに映画にはもう残っていないけれど、(作者の)J・K(・ローリング)に、『防水シートを取って、こんなに筋骨隆々としていても、噛まれた跡や戦争の古傷があるのを見せてほしい』と言われたから、あるシーンのために7ヶ月もうんざりするようなワークアウトをこなしたんだ」とエディは英The Sun紙に語っている。「そのシーンを読んで、『やれやれ』と思ったよ。それで何ヶ月もトレーニングをしたのに、映画からカットされてしまったんだ。まあ世界中の観客にとっては良いことだったかもしれないけどね」とエディはジョークを飛ばした。

 『ハリー・ポッター』シリーズの作者であるJ・K・ローリング(J.K. Rowling)は同作で脚本家デビューを飾った。先週にはロンドンであったファンイベントで、同作は5部作シリーズの第1弾になると明かした。

 「1本だけで収まらないことは最初から分かっていたことです」とローリングは語っている。「プロット構想はちゃんと終わっているので、5部作になるのは間違いありません」

 エディは同イベントで、『ハリー・ポッター』の熱狂的なファンを満足させることに「大きなプレッシャー」を感じ、撮影開始時に魔法の杖を持った時は緊張したと打ち明けた。

 「まるで自分が9歳の子どもになったような変な気分だったよ。人生で最高の瞬間を体験しているような子どもだった」とエディはつけ加えた。

 『ファンタスティック・ビースト』は日本でも11月23日に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。