16.10.20(Thu)

アダム・レヴィーン、虚偽のDV&児童虐待容疑で捜査対象に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アダム・レヴィーン

 米ロックバンド、マルーン5(Maroon 5)のアダム・レヴィーン(Adam Levine)が、虚偽のドメスティック・バイオレンス(DV)と児童虐待容疑で捜査に巻き込まれた。

 ロサンゼルス市警少年課は、アダムが妻でモデルのベハティ・プリンスルー(Behati Prinsloo)と先月生まれたばかりの第1子ダスティ・ローズ(Dusty Rose)ちゃんに虐待を加えているという通報を受け、捜査を開始した。

 米芸能情報サイト「TMZ」によると、この通報にはアダムが娘の顔を殴り、妻を殴り倒したという情報が含まれていたという。警察はアダムの家を訪れたが、こうした主張は事実無根だと判断し、先週に開始した捜査を終了した。

 べハティは9月21日にダスティ・ローズちゃんを出産。アダムは先日、父親になった感想を語り、お互いに初めての子育てにまだ苦労していると認めた。

 「親になってまだ3週間だよ。何が分かるっていうんだ?」とアダムは米ラジオ司会者のライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)に打ち明けた。「何も分からないけれど、正直、それも美点の1つだよ。いろんなところで本能が働いて、体がうまく反応したり、スイッチが入ったりするんだ。本当にステキな経験になっているよ」

 夫妻は妊娠の状況をファンに常に報告し、出産後には赤ちゃんをSNSで紹介した。

 「言葉では表現できない。ダスティ・ローズ・レヴィーン、9/21/16」とべハティは赤ちゃんのモノクロ写真にキャプションを添えた。アダムも同じ写真をInstagramで公開し、「ダスティ・ローズ・レヴィーン、9/21/16」とシンプルに書き添えた。

 新しい家族が生まれて以来、アダムとべハティは自宅ですごす時間を楽しんでいる。マルーン5は先月、アダムが休みを取って父親としての最初の数週間を娘と一緒にすごせるよう、9月末に予定されていた7公演を延期した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。