16.10.19(Wed)

故ロビン・ウィリアムズさんの自転車コレクションがオークションに

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ゼルダ&ロビン・ウィリアムズ

 米俳優のロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 享年63)さんが生前支援していたチャリティーへの寄付を募るため、自転車のコレクションがオークションに出品されている。

 一輪車やダリオ・ペゴレッティ(Dario Pegoretti)がデザインしたカスタム製の二輪車など計約90台がオンラインオークション「パドル8」に出品され、およそ20万ドル(約2,080万円)の値がつくとみられている。収益はチャレンジドアスリート基金とクリストファー&デイナ・リーヴ基金に寄贈される。

 自転車コレクションはウィリアムズさんの長男ザッカリー(Zachary)、長女ゼルダ(Zelda)、次男コーディ(Cody)ら3人が寄付した。3人は声明でこうコメントしている。「これらの自転車が新しいオーナーに、父がいつも感じていた乗る楽しさと同じくらい、こうした社会的大義を支援する喜びをもたらしてほしいと思います」

 「キラキラして体に密着したスパンデックスは、幼い頃に父が着るのを日常的に見ていて気恥ずかしくなった衣服のひとつではありますが、サイクリングというスポーツと、父がそれに対する愛情を通じて支援した人たちは、これからもずっと私たち家族の心の特別な場所にあります」

 「父の長年の友人だったクリスとデイナ・リーヴが立ち上げたリーヴ基金や、父がたびたび自転車競技に参加したトライアスロン大会を主催したチャレンジドアスリート基金といった社会的大義は、父がとても大切にしていたもので、父の名で両基金の支援を続けることができるのは光栄です」

 ウィリアムズさんは熱心なサイクリストで、ゼルダは先日、次のように亡き父の思い出を語っていた。「父は自転車に乗ると、まるで翼を広げて飛び立つペンギンのようでした。人間とは思えないスピードで走り出し、笑顔を浮かべ、後ろを振り返ることはありませんでした」

 パドル8でのオークションは今月25日に終了する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。