16.10.12(Wed)

ロッド・スチュワート、ナイトを授爵して“サー”に!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ロッド・スチュワート

ロックのレジェンド、ロッド・スチュワート(Rod Stewart、71)が、長年にわたる音楽と社会慈善における功績が認められて、10月11日に英国のウィリアム王子の手で正式に「ナイト爵位」を授けられ、以後、“サー”と通称されることとなる。

この日、妻のペニー・ランカスター=スチュワート(Penny Lancaster-Stewart, 45)と子供のアイダン(Aiden, 5)君とアリステア(Alastair, 10)君とともにロンドンのバッキングダム宮殿に授与式のために参上したロッドは、トレードマークでもあるタータンチェックのズボン姿で現れたという。ロッドの授爵は、今年6月に、エリザベス女王の90歳の誕生日に合わせて発表された叙勲者リストに載っていたことで既に決定していた。

「幸福な人生と、とても充実した音楽キャリアをぼくが過ごせて来られたのは、ひとえに素晴らしい英国大衆のみなさんのおかげ。この度の授爵は、この上ない最高の栄誉であり、女王陛下に感謝するとともに、この栄誉に恥じないようにしたい」と、ロッドは声明を発表している。

“Sailing”、“Maggie May”、“Da Ya Think I’m Sexy?”などの大ヒット曲で知られ、50年以上にわたりロック界の中心にあり続けているロッドは、また英国赤十字、ガン患者を支援するBreast Cancer Care、エルトン・ジョン・エイズ財団などに対する熱心なサポート等、社会慈善での活動でも広く知られている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。