• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ミシェル・ロドリゲス、自分の尿で煮たネズミを食べたTV番組はヤラセではないと反論!

16.10.03(Mon)

ミシェル・ロドリゲス、自分の尿で煮たネズミを食べたTV番組はヤラセではないと反論!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ミシェル・ロドリゲス

 『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られる女優のミシェル・ロドリゲス(Michelle Rodriguez)が、2015年に出演した英冒険家ベア・グリルス(Bear Grylls)のサバイバル番組で自分の尿で煮たネズミを食べたのはヤラセではないと反論した。

 ミシェルはベアがホストを務めるTVシリーズ「ランニング・ワイルド・ウィズ・ベア・グリルス」に出演し、自身のサバイバルスキルを試したいと意気込みを見せた。自分に無理なことや嫌がることがあると思うならテストしてほしいとベアに挑戦状を叩きつけた。

 しかし番組のファンはミシェルが実際に奇妙なネズミ料理を食べたり、ネバダ州のバレー・オブ・ザ・ファイアー州立公園で単独パラシュート降下をしたりしてはいないと批判した。

 「(ベアは)私を飛行機から蹴り出したの。それに私のオシッコで煮たネズミを食べさせたわ!」とミシェルは米トーク番組「ザ・トーク」で主張し、TVに映っていたものはすべてが本物だと強調した。

 「『どうしてサボテンじゃダメなの?』と思ったわ。今では完全菜食主義者になったくらい。おいしくなかった。それに重金属デトックスもしていたわ」

 ミシェルはベアがぶつけてくるどんな難題にも逃げずに立ち向かい、視聴者を驚かせた。

 「彼はこれがTV向けの見せかけで、私がそうする(ネズミを食べる)とは思っていなかったけれど、荒野でのサバイバルはどういうものなのかを知りたかったから実際にやってみせたの。彼は驚いていたし、自分でも食べたわ」

 ベアの提案は、撮影中に水が尽きたため、ミシェルの尿で死んだネズミを煮るというものだった。「サバイバルの名の下で何度かやったことがあるけれど、決して楽しい経験じゃなかったよ」とベアは振り返った。

 ミシェルはネズミが「チキンみたいな」味がしたものの、「他人のじゃなく自分のオシッコで良かった」とジョークを忘れなかった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。