• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 「1D」のナイル・ホーラン、メンバーに先駆けてソロシングルをリリース!

16.10.01(Sat)

「1D」のナイル・ホーラン、メンバーに先駆けてソロシングルをリリース!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ナイル・ホーラン

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のナイル・ホーラン(Niall Horan)が他のメンバーに先駆け、9月29日に新曲「This Town」を披露した。

 アイルランド出身のナイルはスタジオでレコーディングを続けており、ついに新曲をネットで公開した。

 「書き上げたばかりのこの曲をみんなと共有したかった」とナイルはツイートした。「いつも支えてくれてありがとう」

 「This Town」はナイルが米キャピトル・レコーズとソロ契約を交わして以来、初の公式シングルだ。ナイルは他に英バージンEMIとも契約している。

 同曲は英人気歌手アデル(Adele)がカムバックを果たしたヒット曲「Hello」を手がけたグレッグ・カースティン(Greg Kurstin)がプロデュース。グラミー賞をマルチ受賞した経験を持ち、リリー・アレン(Lily Allen)やエリー・ゴールディング(Ellie Goulding)ともコラボしたほか、シーア(Sia)の「シャンデリア」もプロデュースした。

 ソロ活動に本腰を入れているメンバーはナイルだけではない。ハリー・スタイルズ(Harry Styles)とリアム・ペイン(Liam Payne)も新曲のレコーディングに打ち込んでおり、ハリーはクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督の新作戦争映画『Dunkirk(原題)』に出演し、俳優としての活動もスタートした。

 しかしワン・ダイレクションからソロに転身したという意味ではナイルが初めてというわけではない。オリジナルメンバーだったゼイン・マリク(Zayn Malik)は昨年に脱退し、ソロアーティストとして成功を収めている。

 ワン・ダイレクションはメンバーそれぞれのソロ活動に集中するため、2015年末に活動を休止した。

 一方、アメリカで活動するカナダ出身の歌手ショーン・メンデス(Shawn Mendes)は、ナイルとコラボするという報道が事実だと認めた。9月28日に米深夜番組「The Late Late Show」に出演したショーンは、司会を務める英コメディアンのジェームズ・コーデン(James Corden)に次のように語った。

 「彼は最高だよ。ずっと前から連絡を取り合っていたけれど、僕がロンドンに着いて『ナイル、来たよ』と伝えたら、彼は『ちょうどロサンゼルスに到着したところだよ』と言うことの繰り返しで、なかなかタイミングが合わないんだ。次は一緒にたくさんの曲を作りたい」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。