• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ニコール・シャージンガー、ブラック・アイド・ピーズと新曲をレコーディング!

16.09.30(Fri)

ニコール・シャージンガー、ブラック・アイド・ピーズと新曲をレコーディング!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ニコール・シャージンガー

 元プッシーキャット・ドールズ(Pussycat Dolls)のメンバーで、現在はソロ歌手として活躍中のニコール・シャージンガー(Nicole Scherzinger)が、かつて参加寸前だったグループと、自分の代わりに参加した女性メンバーと新曲をレコーディングするためスタジオに戻ったようだ。

 ニコールは以前、米人気ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)にフロントマンのウィル・アイ・アム(will.i.am)の片腕として参加する寸前だったが、直前で辞退し、代わりにファーギー(Fergie)が参加したといういきさつがある。

 ブラック・アイド・ピーズとレコーディングをするチャンスを逃してから10年以上が経ち、ニコールはウィル、ファーギーと共にスタジオにこもり、新しくクラブアンセムを制作していると英The Sun紙が伝えている。

 ニコールとウィル、ファーギーの3人はウェスト・ロンドンのメトロポリス・スタジオズで目撃された。ニコールとファーギーはウィルと共に深夜のセッションでデュエットをレコーディングしているという。人気歌手のアデル(Adele)がヒットアルバム『25』をレコーディングした同スタジオでは、ブラック・アイド・ピーズのメンバー、アップル・デ・アップ(apl.de.ap)も目撃されている。

 「ニコールは4人全員と会って、早朝までボーカルのレコーディングをしていた。『火を感じる』、『彼女のやり方を休日のように待ち望む』といった歌詞を歌っていたよ」とある関係者は同紙に語っている。

 セッションの詳しい内容はトップシークレット扱いとなっている。

 一方、ブラック・アイド・ピーズは長期にわたった休止期間を終えて活動を再スタートしている。休止中にファーギーは母となり、ソロナンバーをレコーディングした。ウィルもリアリティ番組でその才能を発揮し、音楽オーディション番組「ザ・ヴォイス」のUK版とAU版で審査員とメンターを務めた。

 2人は2006年のヒットアルバム『プリンセス・ファーギー』に続くファーギーの新ソロアルバム『Double Dutchess』の仕上げに入っている。リードシングルの「ミルフ・マネー」は7月にリリースされた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。