• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • キーファー・サザーランド、結婚直前に婚約を解消したジュリア・ロバーツの勇気を称賛!

16.09.30(Fri)

キーファー・サザーランド、結婚直前に婚約を解消したジュリア・ロバーツの勇気を称賛!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

キーファー・サザーランド

 米TVシリーズ「24-TWENTY FOUR」などで知られる俳優のキーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)が、婚約を解消した元フィアンセで女優のジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)に恨みはないと語り、結婚式の直前にそうするには勇気がいったと称賛した。

 キーファーはジュリアが上り調子のキャリアを優先し、結婚式の3日前にサザーランド夫人になることをやめたのは正しい決断だったと確信している。

 キーファーとジュリアは臨死体験を描くスリラー映画『フラットライナーズ』で共演したことで知り合い、1990年に婚約。翌年に結婚を考えていた。

 「彼女は自分のことをリアルに考えていて、僕もそれがずっと良かったと思っている」とキーファーは米People誌に語っている。「このプレッシャーを説明するのは難しい。僕たちは若かったし、お互いを愛していたから結婚したいと決めた」

 「彼女はほぼ間違いなく、世界で最も有名な女性だったし、2人の間だけでするはずだったのがビッグニュースになった」とキーファーは続けた。「結局、彼女はそれを望まなかった。いろんなことが起きている中で『できない』と言えるのはとても勇気がいることだったと思う。それ以上は言わないよ」

 『プリティ・ウーマン』で知られるジュリアは1993年にカントリー歌手のライル・ラヴェット(Lyle Lovett)と結婚。しかし1995年に離婚し、2002年にカメラマンのダニー・モーダー(Danny Moder)と再婚した。

 一方のキーファーは1996年に2人目の妻エリザベス・ウィン(Elizabeth Winn)と結婚し、1999年に別居。2004年に離婚を申請し、2008年に成立した。キーファーは2000年に女優のボー・デレク(Bo Derek)とも交際していたとされる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。