• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジャスティン・セロー、エクササイズは脳の働きを活発にするので好き!

16.09.30(Fri)

ジャスティン・セロー、エクササイズは脳の働きを活発にするので好き!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジャスティン・セロー

米俳優&脚本家のジャスティン・セロー(Justin Theroux、45)は、フィットネスワークアウトが大好きとあって、主演を務めるTV番組『leftovers/残された世界』においてもじゅうぶん鍛え上げられた身体を見せつけている。ハードなワークアウトも、ジャスティンはアドレナリンの分泌を楽しみにこなしているのだと言う。

「フィットネスは、脳みそにとって良い食べ物みたいなもの」と、ジャスティンはMen’s Health誌に対して語った。「脳がもっと働いてくれるようになる。精神状態が向上するんだ。ワークアウトがつらい時もあるけれど、ジムに行って後悔したことはないね。自分のバネにいつも弾力を持たせないといけないから」と、ジャスティン。

「撮影にはベストな体調で行くべきだし、撮影が忙しくなればジムに行ったりしてしっかりワークアウトが出来なくなるので、なおさら出来る時こそワークアウトはしておくべきなんだよ」

人気女優ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)の夫でもあるジャスティンは、地元ニューヨーク市のジムでスピンのクラスに通ったり、自宅にあるケトルベルやワークアウトバンドでせっせとエクササイズしたりしているようだ。しかし、そんなフィットネス好きなジャスティンも、ファッション上のこだわりがある故に、絶対拒否するものがあるという。

「短パンだけは、ぼくがどんなに変わっても、これだけは何があっても着ない。誰が着ても恰好よく見えるものじゃないからね。フリップフロップのサンダルも同じ」

ジーンズとブーツが自身の定番というジャスティンは、現在少しエッジの利いた顔髭の伸ばし方を行っている最中。これはいよいよ最終シーズンの撮影に入っている『leftovers/残された世界』での役づくりのためのものだが、ジャスティン自身としてはあまり嬉しくないのだとか。

「ぼくは髭を剃るのが好きなので、少し気が変になりそうだよ」と、ジャスティンは笑った。「髭剃りには、気分をよくする何かがあるからね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。