• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ノラ・ジョーンズ、今はミュージシャンにとってお金をかせぐのが難しい時代

16.09.28(Wed)

ノラ・ジョーンズ、今はミュージシャンにとってお金をかせぐのが難しい時代

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ノラ・ジョーンズ

「Come Away With Me」の曲でも有名な米歌手のノラ・ジョーンズ(Norah Jones, 37)は、誰もが以前ほど音楽にお金を使わなくなっているので、若いアーティスにとって音楽業界は「混乱状態にある」と警鐘を鳴らしている。

ノラは4年のブランクを経て6枚目のソロ・アルバム「Day Breaks」を10月7日からリリースする。ノラがデビューしてからは約17年の月日が経過した。

ノラがデビューしてからの物事の変化は大きく、特に音楽の視聴と消費の方法に関しては大きく変化した。豪版GQ誌から、ミュージシャン志望の人へ金銭的な面についてのアドバイスを頼まれたノラは、お金と賢く付き合うことを勧めている。

「契約するときは、何にサインするのかよく注意して賢くならないと。でも、誰もがお金持ちになれるわけじゃないから」と語ったノラ。「最近では音楽でお金を稼ぐのは本当に難しいの。誰もCDを買わないし、ストリーミング・サービスにもあんまりお金を使わない。今の若い人にとっては本当に大変だと思う。でもなんとか上手くいって欲しいって思っているわ」

ここ10年で膨張した領域がソーシャル・メディアとセルフ・プロモーションだ。ノラはこれらが苦手で、TwitterやFacebookが生まれる前にデビューできたのはラッキーだったと語った。

「今、デビューしたミュージシャンは本当に大変だと思う。ソーシャル・メディアはすごいツールだけど、私が知っている人たちみんながセルフ・プロモーションが上手いわけではないから」と指摘したノラ。「そういったものを使いこなせないとさらにきついわね。私が知っている多くのアーティストにとって、ソーシャル・メディアは彼らのパーソナリティーからかけ離れたものだから。ソーシャル・メディアを使いこなす人たちは、現実に自分がやっていることに興奮しながらネットの世界の住人に自分の投稿を見てもらうように言い続けているの。そこが大きな性格の違いね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。