16.09.28(Wed)

ナオミ・ワッツ&リーヴ・シュレイバー、交際から11年で破局

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ナオミ・ワッツ&リーヴ・シュレイバー

 女優のナオミ・ワッツ(Naomi Watts)と事実婚のパートナーで俳優のリーヴ・シュレイバー(Liev Schreiber)が交際スタートから11年で破局した。26日に共同声明で破局が事実だと認めた。

 「ここ数ヶ月で、私たち家族にとって前に進むための最善の方法は、カップルとして別れることだという結論に至りました」と2人はコメントしている。

 「たくさんの愛情、尊敬、そして友情を心に持ちながら、子どもたちを一緒に育て、2人の新しい人生の可能性を探ることを楽しみにしています。好奇心と支援には感謝していますが、メディア各社には子どもたちに気を配り、プライバシーの権利を尊重して下さるようお願いいたします」

 報道によると、ナオミとリーヴは数ヶ月前から別居しているが、アレクサンダー(Alexander, 9)君とサミュエル(Samuelm, 7)君の子育てには積極的に関わっているという。2人が最後に子どもたちと一緒に目撃されたのは、9月13日のニューヨーク市内でだった。リーヴとナオミは結婚していないが、2005年から一緒に暮らしていた。

 リーヴは先日、『キング・コング』などで知られるナオミとの初めてのデートの様子を振り返った。出会いは「METガラ」ことメトロポリタン美術館主催の「コスチューム・インスティチュート・ガラ」パーティーの会場で、ナオミが一緒にクラブに行こうと誘ったという。

 リーヴは米Esquire誌とのインタビューで、クラブに到着すると、やがて付き合うことになるナオミが親友のショーン・ペン(Sean Penn)とベニチオ・デル・トロ(Benicio Del Toro)と一緒であることが分かり、「とても気まずかった」と語った。

 「指定されたクラブに行ってみると、もちろん彼女はショーンとベニチオと一緒で、僕はただ何もしないで突っ立ったまま、話す順番を待っていたよ」とリーヴ。「たぶんナーバスで、すごく気まずくて、内気になっていたんだと思う。だって映画スターが3人も目の前にいるんだ。気まずいし、場違いな気がしていた。良い印象も与えられなかったよ」

 「僕は『悪いけど、家に帰るよ』と言って外に出た。すると彼女が追いかけてきて、『携帯の番号いらないの?』と言ったんだ」

 ナオミもその状況を米Allure誌とのインタビューで次のように語っていた。「普通なら男性から動いてほしいタイプだけど、彼はそうしなかったの…。彼とその仕事ぶりにすごく夢中になっていたから、帰ろうとしていた彼に厚かましいことを言ったわ。『携帯の番号いらないの?』って。『私の連絡先を教えましょうか?』なんてとても言えなかった」

 「彼はそれで笑ったわ。5分後にメールが来て、『これから飲みに行く?』と言ってきたけれど、私は『いいえ、明日の朝食を一緒にする』と答えたの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。