16.09.21(Wed)

マライア・キャリー、ラスベガス長期公演を来年5月で終了

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マライア・キャリー

 人気歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey)が、ラスベガスで開催している長期公演の最終行程を発表し、来年5月で終了することを明かした。

 マライアは2015年5月、ベストアルバム『#1インフィニティ』をフィーチャーする長期公演をスタート。今月11日にシーザーズ・パレスにある「コロセウム」で5回目となる行程を終えた。しかし、2017年4月26日にスタートする次の行程がラスベガス公演の最後になると発表。5月13日に最終日を迎えるという。

 「マライアは熱狂的でグローバルな訴求力のある、驚異的な才能の持ち主です」とコンサートの運営会社「AEG Live Las Vegas」のジョン・ネルソン(John Nelson)上級副社長は声明でコメントした。「私たちはマライアを敬愛し、彼女がこの2年間、コロセウムを故郷と呼んでくれたことは誇りです。今後、また彼女と一緒に仕事をすることを楽しみにしています」

 マライアは6回目の公演が終わるまでに、計53本のコンサートを行う。これまでにライブをキャンセルしたのは2015年5月の1度だけで、気管支炎で体調を崩したことが理由だった。

 マライアは現在、双子のモロッカン(Moroccan, 5)君とモンロー(Monroe)ちゃん、フィアンセで豪億万長者のジェームズ・パッカー(James Packer)の4人でギリシャでの休暇を楽しんでいる。一行は今月13日にミコノス島に到着し、マライアは先週末、サントリーニ島での滞在中にモンローちゃんとジェットスキーに乗ってポーズをとる写真を公開した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。