16.09.14(Wed)

ビヨンセのバックダンサーがライブ中に婚約!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ビヨンセ

 人気歌手のビヨンセ(Beyonce)が10日、ミズーリ州セントルイスでコンサートを行った際、バックダンサー2人がステージ上で婚約するサプライズがあった。

 ビヨンセは「フォーメーション・ワールド・ツアー」で初めてヒット曲「Single Ladies (Put a Ring on It)」を披露して会場を興奮の渦に巻き込むと、マイクをジョン・シルバー(John Silver)に手渡した。するとジョンは突然片ひざをつき、長年ビヨンセのダンスキャプテンを務めるアシュリー・エヴェレット(Ashley Everett)にプロポーズした。

 「彼女は僕のクィーンだし、地元であるここで告白して、セントルイス出身の黒人のバカらしさに付き合うことのできる若い女性の典型を見せたかったんだ。アシュリー・エヴェレット、僕と結婚してくれないか?」とジョンが切り出した。

 ジョンがアシュリーに指輪を贈ると、彼女はイエスと答え、2人の上司が歩み寄って新しく誕生した将来の夫婦を祝福した。

 「おめでとう! さあ、これに振付をつけて見せてもらおうかしら」とビヨンセはジョークを飛ばし、アシュリーをハグした。

 ビヨンセは先週、声帯の不調と医師から休養を命じられたことを理由にニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムでのコンサートをキャンセルしたため、多くのファンは今回のステージで安心した。ニュージャージー州でのコンサートは、ビヨンセが夫でラップ歌手のジェイ・Z(Jay Z)、愛娘のブルー・アイヴィー(Blue Ivy)ちゃんの3人で1ヶ月の休暇をとった後の「フォーメーション」最終公演で最初のステージになるはずだった。振替公演は10月7日に行われる。

 ビヨンセは14日にロサンゼルスのドジャースタジアム、17日にカリフォルニア州サンタクラリタでライブを行い、9月22日に出身地であるテキサス州ヒューストンに戻ってくる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。