• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ジェイミー・ドーナン、『フィフティ・シェイズ』第4作が実現しても出演しないと明言!

16.09.09(Fri)

ジェイミー・ドーナン、『フィフティ・シェイズ』第4作が実現しても出演しないと明言!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジェイミー・ドーナン

 北アイルランド出身の俳優ジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)が、『フィフティ・シェイズ』シリーズ3部作の撮影が終わったことでクリスチャン・グレイ役を卒業し、噂される第4作には出ないと断言した。

 ジェイミーはE.L.ジェイムズ(E.L. James)による官能小説を原作とする『フィフティ・シェイズ』シリーズの第2作『Fifty Shades Darker(原題)』と第3作『Fifty Shades Freed(原題)』の撮影を終えたばかりだが、シリーズ4作目の原作「Grey」が映画化されるとしてもクリスチャン役は引き受けないと明言した。

 「2本の撮影を立て続けにやったから、実際にはもう終わっているんだ」とジェイミーは英The Sun紙に語っている。「もう『フィフティ・シェイズ』とはおさらばだよ」

 「僕は前に進むのがものすごく速い。外からはある役柄と同一人物に見えても、心の中では『よし、これで終わりだ』と思っていて、次の作品の役柄に集中しているよ」

 チャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)が直前で降板したことで昨年の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に急きょ抜擢されたジェイミーは、『フィフティ・シェイズ』続編2本のスケジュールの合間をぬって『Anthropoid(原題)』と『The Siege of Jadotville(原題)』、『The 9th Life of Louis Drax(原題)』の撮影も終えており、クリスチャン役として記憶に残るのは避けたいと強調した。

 『Anthropoid』でナチスの高官を演じるジェイミーは先日、米モーニングショー「グッドモーニング・アメリカ」に出演した際、次のように語っている。「役者として言えば、いろんな役に挑戦したい。同じ役ばかりを演じたくない」

 しかし、『フィフティ・シェイズ』シリーズでダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)の相手役を演じるのは楽しい経験だったようだ。

 「続編2本を立て続けに撮影したんだ」とジェイミーは続けた。「それが正しいやり方だった。エネルギーをキープするという意味でも、全員にとって良い形だった。もう一度モチベーションを高めて役になりきるのが難しい場合もあるからね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。