16.08.30(Tue)

トム・ヒドルストン、Instagramデビューから2週間でハッキング被害!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

トム・ヒドルストン

 英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston, 35)が26日、Instagramのアカウントがハッキングされる被害に遭った。

 米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)との交際で注目を集めるトムは今月9日にInstagramでアカウントを開設したばかりだが、約2週間後に初めてハッキング攻撃を受けたことになる。

 26日朝、トムのページに見知らぬユーザーのSnapchatからの動画や、外国語のメッセージによる他人のInstagramのプロフィールといった奇妙な投稿が相次ぎ、フォロワーが異変に気づいた。

 うち1枚の画像には、「僕をフォローして。大事なものを見せてあげる」というキャプションが添えられていた。

 トムのマネージメント側は2時間後にアカウントを奪回し、不正な投稿を削除したと米エンターテイメント情報番組「E! News」は伝えている。

 トムは現在、コミックの主人公をクリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)が演じる『マイティ・ソー』シリーズ最新作『Thor: Ragnarok(原題)』の撮影でオーストラリアに滞在しており、初めてInstagramに投稿した画像ではソーの兄で悪役のロキに扮した姿を披露した。

 「彼が戻ってきた!」とトムはキャプションを添えた。

 この1枚の画像でトムはわずか数時間で20万人のフォロワーを獲得し、やがて100万人を突破した。

 その後に公開した写真は3枚だけで、クリスと一緒にコスチューム姿でポーズをとるものや、23日にはブリスベンの小児科病院で病気と闘う子どもたちと面会するものもある。トムとクリスは『Thor: Ragnarok』の撮影の合間にレディー・シレント小児科病院を訪れ、撮影に応じて闘病中の子どもたちを笑顔にさせた。公開された写真には、トムとクリスがしゃがみ、ソーの魔法のハンマーを持ち上げている男の子と女の子に笑顔で話しかける様子が写っている。

 「このハンマーを持つ者は、高潔な心の持ち主であれば、ソーの力を与えられるんだ!(言い換えれば、黒いスーツの変なヤツ以外なら誰でも)」とトムはキャプションを添え、自分のことを「変なヤツ」だとジョークを飛ばした。

 「レディー・シレント小児科病院で子どもたちに会えたことは忘れられない。あの子たちこそ本物のヒーローだ」ともつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。