16.08.29(Mon)

マーゴット・ロビー、愛用する化粧品はニップルクリーム!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マーゴット・ロビー

豪出身女優のマーゴット・ロビー(Margot Robbie、26)は、化粧ポーチの中に必ずニップルクリームを欠かさないようにしているという。

「これまでの人生で、ずっと使い続けてきているわ」と、英Elle誌に対してマーゴットは微笑んだ。

公開中の映画『ターザン:REBORN』でヒロインのジェーン役を演じているマーゴットだが、英国製の「Bepanthen Ointment」の愛用者とのこと。未婚でまだ子供のいないマーゴットとあって、別に授乳疲れの乳首に使うとかでなく安価なリップバーム替わりとして重宝しているのだそうだ。

先頃「カルバン・クライン」(Calvin Klein)のフラグランス“Deep Euphoria”の広告プロモーションの顔に起用されたマーゴットだが、かつては香水類のことはよく分からなかったとも語る。

「はじめて自分が所有した香水は“オードトワレ”と書いてあったので、てっきり母がわたしにトイレ用芳香スプレーを買ってくれたのかと思ってしまった。いまは、香水のことも少しはわかるようになって、“Deep Euphoria”を身に纏わせてもらっている」と、マーゴットは破顔した。

『ターザン:REBORN』に加え、これも間もなく日本でも公開となる『スーサイド・スクワッド』ではハーレイ・クイン役を演じているマーゴット。話題のスーパーヒーロー映画2本に出演とあって、映画のプロモーションでずっと世界中を飛びまわって大忙しのマーゴットの化粧ポーチは、プレミア試写に出席の際になるべくベストな肌コンディションを保つことを最優先にした内容になっている。

「飛行機にしょっちゅう乗ることになるので、顔をそうそう洗える時間が取れないから“Max Complexion Correction Pads by Peter Thomas Roth”を必ず持ち歩いている。顔を洗えないと肌の気分が悪くなるけれど、この美容パッドを使えば肌がすっきりとなるのが感じられるの。あとは、「Caudalie」の美容液 “Beauty Elixir”が、香りがいいので好きだわ」

また、食事面では、乳製品の食べ過ぎは肌が赤味がかったり湿疹が出やすくなったりをするので気をつけていると、マーゴットは述べる。

「肌の状態が悪い時には、食べる乳製品の量を特に減らすようにしている。でも、チーズだけは食べないなんてあり得ないから、チーズは乳製品ではないフリをして食べるの!」と、マーゴットは笑った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。