• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 「やせすぎ」と批判されているタラ・リード、バッシングにはもううんざり?!

16.08.27(Sat)

「やせすぎ」と批判されているタラ・リード、バッシングにはもううんざり?!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

タラ・リード

映画『アメリカン・パイ』などで知られる米女優タラ・リード(Tara Reid)が、タブロイド紙やインターネットでやせすぎ体型を批判されることにうんざりしていると告白した。摂食障害か過度なダイエットのせいでやせているのではないかと噂されているタラだが、スリムなのは代謝がいいからだと本人は主張している。「ハンバーガーでも食べてもう少し太れ」など心ないバッシングを受け続けてきた彼女は、人の体型をむやみにけなす風潮に憤りを感じているらしい。「私は自分の体型が気に入っているわ。(やせすぎているから)ハンバーガーでも食べろってよく言われるけれど、私はハンバーガーが大好きなのよ」と、タラはInTouch誌のインタビューで話している。「もし体重が10ポンド(約4.5kg)増えたりしたら、今度は『なぜ太ったのか』って聞かれるでしょうね。たしかに私はやせているけれど、それで満足しているわ」。

イベント会場に集まったカメラマンたちの前で胸が露出してしまうというハプニングに見舞われたこともあるタラには、遊び好きの“パーティー・ガール”として名をはせた時期がある。仕事には真面目に取り組んできたという自負をもつタラは、悪いイメージが定着することを怖れているらしい。「仕事をしていない時は、楽しいことをしたいの。でも、仕事にはプロとしてしっかり取り組んでいるわよ。私は今まで問題を起こしたこともないし、逮捕されたこともない。悪く言われる筋合いはないわ」と、タラは釈明している。「この業界では、常に自分の実力を証明しなければならないのよね。私はこれまでに46本の映画に出演しているけれど、誤解されているせいでなかなか役をもらえなかったりする。でも、あまり深刻に考えないようにしているわ。みんながみんな、私のことを好きになってくれるわけでもないしね」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。