16.08.25(Thu)

ベラ・ソーン、バイセクシャルを公言!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ベラ・ソーン

 人気若手女優のベラ・ソーン(Bella Thorne, 18)が23日、Twitterでファンとのチャット中にバイセクシャルであることを何気なく認めた。

 ディズニーの子役スターとしてブレイクしたベラはTwitterで約700万人のフォロワーと日頃から交流しており、22日に女性の友人と情熱的なキスをしているスクリーンショットを投稿した。

 この写真でベラのファンの間で騒ぎが起き、あるユーザーは「あなたはバイセクシャルですか?」と質問。するとベラは「そうよ」とシンプルに答えた。

 ベラの広報担当者はその1週間前、ボーイフレンドで俳優のグレッグ・サルキン(Gregg Sulkin)と交際1年で破局したことを認めている。

 2人が出した共同声明には次のように書かれている。

 「じっくり考え、深く自分と向き合った上で、交際を終えるというつらい決断をしました。私たちは共にすごした時間のおかげで人間的に成長しましたし、これからもお互いに相手を愛し、尊敬の気持ちを持ち続けます」

 「スケジュールの都合でなかなか会えない日々が続いたため、今はこれが最善だと決断しました」

 ロンドン出身のグレッグとベラは昨年6月、カナダで開催された「マッチマッチ・ビデオ・アワード」のレッドカーペットを一緒に歩き、メディアの注目を集めた。当初は交際について沈黙を保っていたが、ベラはその後、グレッグと付き合っていることは「明らか」だと認めた。

 ベラは2014年に長年の恋人トリスタン・クリアーズ(Tristan Kliers)と破局。また米人気TVシリーズ「ベイウォッチ」などで知られる女優のパメラ・アンダーソン(Pamela Anderson)とロックミュージシャンのトミー・リー(Tommy Lee)の息子ブランドン・リー(Brandon Lee)との熱愛もささやかれたほか、米人気TVドラマ「ティーン・ウルフ」で知られる俳優のタイラー・ポージー(Tyler Posey)とはただの友人だと主張していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。