• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • アドリアナ・リマ、かっこうの良いお尻になるには、とにかくお尻を動かすこと!

16.08.24(Wed)

アドリアナ・リマ、かっこうの良いお尻になるには、とにかくお尻を動かすこと!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

アドリアナ・リマ

ブラジル出身人気ファッションモデルのアドリアナ・リマ(Adriana Lima、35)は、ランジェリーブランド「ビクトリアズ・シークレット」(Victoria’s Secret)の有力な“エンジェル”としても知られるだけに見事に形の良いお尻を誇っているが、アドリアナ曰く、彼女のようなお尻になりたければヒップを動かしてワークアウトするのが一番だという。

「カッコウ良いお尻になるには、お尻を動かすしかないと思っている」と、Vogue.comに対してアドリアナは微笑んだ。

「引き締まった臀部を得るには、スクアットやバーピー、それにランニングを多くこなすことよ。わたしは、出来るだけたくさん散歩もすることにしているわ。お尻が垂れさがらないようにするには、多くの動きの組み合わせでエクササイズすることが必要なの」と、アドリアナ。

「わたしたちブラジル人は、身体のこの領域を鍛えることが好き。これは、小さなビキニを着ることが当たり前だから、なるべくビキニを着た時に見栄えしたいと思っているからね」

同じくブラジル出身のVSエンジェルであるキャロライン・トレンティーニ(Caroline Trentini、29)も、自身のワークアウトについて語っている。キャロラインは、エクササイズに自分が退屈しやすいので、個別のエクササイズよりは全身を使う完全なワークアウトのほうが好みだそうだ。2人の子供を育てる母とあってなかなかジムに行く時間のとれないキャロラインは、エクササイズと格闘技を組み合わせた運動に取り組んでいると明かす。

「わたしの個人トレーナーの指導で行う、45分から1時間ぐらいのいつものエクササイズクラスのことを“機能的格闘技”と呼んでいる。ボクシング、ジャンピングジャック、スキッピング、それにムエタイを組み合わせたものなのよ。キックをすることが、わたしのお尻のシェイプアップには特にいいみたい。それがわたしの秘訣」

一方、これまたブラジル出身であるVSエンジェルのイザベル・グラール(Izabel Goulart)は、トレーナーにはつかず、毎日1時間のワークアウトを自分に課しているそうだ。先頃行われたリオ五輪の閉会式で見事なフィギュアを披露していたイザベルだが、多忙なスケジュールの調整が難しいので、定期的なワークアウトをトレーナーと行うのが難しいのが理由とのこと。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。