16.08.20(Sat)

ザック・エフロン、リオ五輪金メダリストとの面会に緊張!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ザック・エフロン

 米TV映画「ハイスクール・ミュージカル」で知られる俳優のザック・エフロン(Zac Efron)は16日、オリンピックが開催されているリオで米体操女子代表選手のシモーネ・バイルズ(Simone Biles, 19)と対面する直前、これまでにないほどの緊張に包まれたと告白した。

 シモーネはリオ五輪が開幕した際、ザックの大ファンだと公言。等身大パネルを寝室に置き、キスをしていたと打ち明けた。

 4つのメダルを獲得したシモーネは、大ファンであることをザックが知り、TVで観戦するので幸運を祈るとSNSを通じて連絡してきたことに興奮したという。

 米情報番組「トゥデイ」は16日、ザックをひそかにブラジルに送り、最高のファンに対面してもらうというプレゼントを用意し、シモーネの夢を叶えた。

 ザックもこのサプライズに乗り気だったが、それもサプライズの登場にあぜんとしたシモーネの前に姿を見せる直前までのことだった。

 「彼女たち(米女子体操チーム)が金メダルを獲得して、オリンピック全体の話題となっていたところへ、僕はクローゼットに隠れて出番を待っていたんだ。何と言って出ていけばいいのか分からなかったよ」とザックは17日、「トゥデイ」で語った。「自分でもすごく緊張したけれど、結果はとても良かった」

 今ではザックもシモーネやチームメイトの大ファンとなり、リオ行きの飛行機に乗るのは義務だと感じたとつけ加えた。「彼女たちのストーリーには本当に圧倒されたよ。シモーネやチームのみんなが僕のファンだと知った時、『もし来なかったらどんな人だと思われただろう?』という気持ちになった」

 また彼女たちは、リオ五輪まで体操にはあまり興味がなかったと認めたザックを体操のファンに仕立てあげた。「みんなすばらしいハートの持ち主で、明らかに何か特別なものがあったよ」とザックは振り返った。

 憧れのスターに会えて興奮していたシモーネと会えたのはザックにとっても大きな意味があったようだ。ザックは16日に彼女たちと一緒に撮った写真をTwitterで公開し、「僕のオリンピックの夢が実現」とキャプションを添えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。