16.08.18(Thu)

ラッパーのレイJ、フィアンセのプリンセス・ラブと結婚!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

レイJ&プリンセス・ラブ

 R&B歌手からTVタレントへ転身したレイJ(Ray J, 35)が、フィアンセのプリンセス・ラブ(Princess Love, 31)と結婚した。

 元恋人でリアリティ番組の人気者キム・カーダシアン(Kim Kardashian)とのセックスビデオでも知られるレイJは12日、ロサンゼルス市内でプリンセスと永遠の誓いを交わしたと広報担当者が米People誌に明言した。新婚夫妻は家族や友人ら150人の参列者の前で結婚式を挙げ、レイJの姉でグラミー賞を受賞した実力派R&B歌手のブランディー(Brandy)がプリンセスの花嫁付添人を務めた。ブランディーは夫妻の初めてのダンスでエタ・ジェイムズ(Etta James)の「アット・ラスト」を熱唱した。

 「妻には人生で最高の時をすごし、世界で最高の1日だったと覚えていてほしいんだ」とレイJは式の前にPeopleに語っている。

 ラザロ(Lazaro)のボールガウンドレスで式にのぞんだプリンセスも、夫について「自分が一緒にいないのが想像できない人は初めて」と熱く語った。

 黒ネクタイの着用を求められた結婚式は、15日に放映がスタートした2人のリアリティ番組「Love & Hip Hop: Hollywood」のために撮影された。

 レイJは昨年12月、8カラットのハローダイヤモンドでプリンセスにプロポーズした。しかしその数ヶ月前、彼女は家庭内暴力と暴行で起訴された。プリンセスは2015年2月、レイJに暴行を加え、肋骨にヒビが入り、唇が裂け、ヒザの靭帯が切れるという重傷を負わせた。

 しかしレイJはすべてを水に流し、プリンセスの保釈金を支払い、さらに弁護士費用を負担した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。