16.08.12(Fri)

ブリトニー・スピアーズ、ニューアルバムから2曲がネット上に流出!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ブリトニー・スピアーズ

 人気歌手のブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)のニューアルバム『グローリー』に収録される楽曲2曲がインターネット上に流出したと報じられた。

 ブリトニーは日本でも9月にリリースされる通算9枚目のスタジオアルバム『グローリー』の発売を控えているが、7月に先行リリースされた「メイク・ミー」がすでにチャート入りを果たしている。今週も「クラムジー」を公開する準備を進めていたが、10日、同曲が音楽配信サイト「Daily New Jams」に登場した。

 同曲には「バカと呼べばいい/狂ってると言えばいい/でもそれが愛とは言わないで/もっとあなたの近くに/もっと痛みの近くに/遠くに離れているよりはいいから」という歌詞がある。

 また、「ジャスト・ラブ・ミー」という曲の一部も同サイトに流出したとみられている。

 ブリトニーは音源の流出についてコメントしていないが、先日、ニューアルバムについて米V誌に次のように語っている。「みんなが思っているようなものとは全然違う。これほどいい出来は本当に久しぶりなの。作品を誇りに思うし、今までとは違うものになっているわ。でも急ぐつもりはないの。きちんと仕上げて、ファンが心から楽しんでもらえるものにしたい」

 また、6月の米エンターテイメント情報番組「E! News」とのインタビューでは、こうも語っていた。「1年半から2年くらい前からこのプロジェクトに取り組んでいるから、本当に大切なものになっているわ。赤ちゃんのような存在よ。ちょっとメロディックで、ポップらしさは控えめ。とてもリラックスした雰囲気なの」

 またブリトニーはラスベガスのプラネット・ハリウッドリゾートで2017年まで常設公演「ピース・オブ・ミー」を敢行するほか、ニューアルバムが全米でリリースされる前日の8月25日にはジェームズ・コーデン(James Corden)が司会の深夜トーク番組「The Late Late Show with James Corden」の名物で、ロサンゼルス市内をドライブしながらカラオケスタイルでヒット曲を歌う人気コーナー「カープール・カラオケ」に出演する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。