• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • カーラ・デルヴィーニュ、同性の恋人との出会いで「愛の意味を知った」と告白!

16.08.03(Wed)

カーラ・デルヴィーニュ、同性の恋人との出会いで「愛の意味を知った」と告白!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

カーラ・デルヴィーニュ

 英モデルで女優のカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne, 23)が、女性シンガーのセイント・ヴィンセント(St. Vincent/本名:アニー・クラーク、Annie Clark)と出会うまで愛とは何か知らなかったと告白した。

 カーラは約16ヶ月前にセイント・ヴィンセントとの交際をスタート。最近は婚約した可能性も報じられている。

 カーラは米Vogue誌9月号でのインタビューで交際について打ち明け、愛がどれほど深いものになれるかを示してくれたのがセイント・ヴィンセントだったと認めた。

 「すっかり夢中になっているわ…」とカーラは同誌に語った。「以前は愛…本当の愛とは何かを分かっていなかった。その深さを知らなかったの。自分対世界だとずっと思っていたわ」

 「今では人生の意味が愛だと気づいた。それが自分自身のため、世界のため、あるいはパートナーのためであろうとも」

 カーラはセイント・ヴィンセントと交際する前に、歌手のジェイク・バグ(Jake Bugg)や英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles)ら男性有名人との熱愛がささやかれたこともある。しかしインタビューでは自身のセクシュアリティを明言することを拒み、「不安定」だと表現した。

 「子どもの頃はゲイを悪口として使っていたわ。『オカマっぽい』だとかね」とカーラはつけ加えた。「友だちがみんなそうしていた。私は彼女を愛しているから、みんなにゲイと言われるならそれも良い。でも私たちは誰でも不安定なの。人は変わるし、成長する」

 カーラはモデルとして世界的な人気者となったが、最近では女優に転身。DCコミックの悪役が勢ぞろいする話題の新作『スーサイド・スクワッド』ではエンチャントレスを演じているが、新しい業界では学ぶことがたくさんあると認めた。

 「まだまだ勉強中よ。愛のために演技をしているわ」とカーラ。「全力を尽くしているの。出演料がタダだとしてもやっていくと思う」

 とはいえ、カーラはすぐに前言を撤回し、男性共演者も無給で出演した場合のみ自分もそうすると明言。現在のハリウッドにおける男女の平等に関する議論に触れ、こうつけ加えた。「同一賃金について言うと、出演順位が同じなら、男性と同じ額をもらわなくちゃ。もし少ない額を受け入れたら、他の人たちをがっかりさせるし、悪循環を認めることになってしまうからよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。